Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

犯人隠避容疑で逮捕から2年半、指名手配組員の知人女性を不起訴に 神戸地検  

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ラジトピ ラジオ関西トピックス

 神戸市長田区で2017年9月、特定抗争指定暴力団「神戸山口組」から離脱した「任侠山口組」(現在は「絆會」に改称)の代表らが乗っていた車が襲撃され、取り押さえようとしたボディーガード役の組員が拳銃で射殺された事件で、殺人・銃刀法違反容疑で指名手配されている神戸山口組系組員(44)の逃走を手助けしたとして、犯人隠避容疑で逮捕された女性(31)について、神戸地検は9日までに不起訴処分とした。理由は明らかにしていない。  女性は組員の知人とされ、逃亡した組員の足取りを知っているとみて事件から約半年後の2018年3月、兵庫県警に逮捕、送検された。神戸地検は女性を一旦釈放して任意捜査を続けていた。  組員は犯行後、現場付近に停めていたバイクで逃走中に女性と合流、約5時間にわたって神戸市北区や兵庫県三木市などを車で走ったとされたが、調べに対し女性は「この内容については言いたくありません」と黙秘していたという。    なお指名手配中の組員については現在も行方がわかっていない。

ラジオ関西

【関連記事】