Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

祖母が嫌いな日本、ニコ生で大好きに…留学で浴びせられた「反日だろ」“100%の否定・肯定”が生む分断

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

「おばあちゃん、ごめんね。おばあちゃんの好きじゃない国を選んでしまって」 シンガポール人留学生、チョウ・ジーイン(張之胤)さん(21歳)は2年前、後ろめたい思いを抱えながら、日本にやって来ました。シンガポールが日本の占領下だった時代に、「おばあちゃん」の父親は、旧日本軍に拘束され、のちに亡くなりました。終戦から75年経った今も、「おばあちゃん」の心は癒えることはありません。そうと知りつつも、ニコニコ生放送や日本アニメにハマっていったジーインさん。留学先の日本では多くの出会いに恵まれた一方で、ツイッターで「反日スパイ」と中傷されたこともありました。「反日」の意味は、その時に初めて知りました。ジーインさんの心は、「おばあちゃんが嫌いな日本」と、「自分が大好きな日本」の間で、揺れ続けています。(朝日新聞記者・小川尭洋) 【画像】Twitterの「反日」に衝撃。留学の朝、日本嫌いの祖母に渡した手紙「ごめん、でも…」

おばあちゃんはきっと悲しむけど

「あなたを育てたのは私だけど、所詮親じゃないから、日本留学に行きたいなら止められない。でも、どうして自分の孫を日本に送り出さないといけないのかしら…」 留学に行く数カ月前。ジーインさんは、ダイニングテーブルで野菜を切る祖母と、向き合っていました。 祖母の優しい表情はいつも通りでしたが、その複雑な気持ちはよく伝わってきました。本当は、孫の好きなことを応援したいけど、シンガポールとの暗い歴史を持つ日本にあまり近づいてほしくない――。 「おばあちゃんは、口では留学に反対しないだろうけど、きっと悲しむだろう」 80歳過ぎの祖母。日本の占領時代を苦しみながら過ごした胸のうちを思うと、留学のことは、なかなか言い出せませんでした。祖母の反応は予想していましたが、やるせない気持ちになりました。

子ども8人 裕福な家庭から暗転した歴史

早稲田大学国際教養学部3年のジーインさんは、シンガポールで中国系の家系に生まれました。仕事などで中国を行き来する両親の代わりに、祖父母に育てられたそうです。 ジーインさんの祖母の父親にあたるホン・ゴンタイ(熊廣泰)さんは、今から77年前の1943年、旧日本軍に拘束された後、帰らぬ人となりました。 ジーインさんは、家族に何度も確認しつつ、いきさつを説明してくれました。 曽祖父のゴンタイは、1907年にイギリス支配下のシンガポールで華人の家に生まれました。1931年に年下の女性と結婚した後、1935年ごろ、義理の兄が営むマレーシアのゴム農園の管理を手伝うため、移住しました。 世界的な貿易拠点となったシンガポールのお陰で、ゴムの売れ行きは好調でした。比較的裕福な家庭で、8人の子どもに恵まれ、育てていました。 人生が暗転したのは、結婚から12年後。1942年、太平洋戦争中の日本がイギリスを破り、シンガポールを占領し始めたことが引き金でした。 1943年秋ごろ、農園にいた曽祖父は、旧日本軍に突然連れ去られ、拘束されてしまいました。解放の条件は、義理の兄である農園の経営者が現れることだったそうです。家族は手を尽くしましたが、曽祖父が家に戻ることはありませんでした。後で分かったことですが、当時、経営者は国外に出ていたそうです。  ◇ ◇ ◇ 《日本のシンガポール占領》  1942年2月、太平洋戦争中の日本がイギリスを破り、シンガポールの占領を始めた。日本は、占領政策としてマレー人やインド人を優遇する一方で、中国系の住民の多くを迫害した。旧日本軍が「抗日」を理由に、中国系のシンガポール人を大量に虐殺する事件もあった。  東南アジアの日本軍政に詳しい、立教大学アジア地域研究所特任研究員の松岡昌和さんによると、日本の占領下のシンガポールやマレーシアでは、中国系の住民が、拘束され、拷問を受けたという証言が数多く残っている。ゴンタイさんの拘束について「当時、日本軍は、中国系住民の財産をほぼ強制的に接収していた。中国系だったことが、何かしらのトラブルにつながって拘束された可能性がある」と指摘する。  ◇ ◇ ◇ 当時、29歳だった曽祖母は、8人の子どもたちを連れ、シンガポールへ戻りました。残った財産を切り崩しながら、貧しい生活を送り始めました。祖母を含め、曽祖父の子どもたちは、1日1杯のお粥を食べるのがやっとでした。もちろん、高等教育を受ける余裕もありませんでした。 終戦後、曽祖母は、曽祖父の訃報を聞きました。拘束されていた施設で、一緒に過ごしていた知人から「降伏の何カ月か前に亡くなったばかり」と知らされたそうです。死因は不明ですが、知人の話によると、体が弱かった曽祖父は、食べ物が十分にない環境の中、胃の痛みを訴えながら亡くなったそうです。

【関連記事】