Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

藤浪晋太郎「誰に」「何を」謝罪したのか? 新型コロナ感染者を袋叩きにする理不尽

配信

REAL SPORTS

4月23日、プロ野球阪神タイガースの藤浪晋太郎投手、伊藤隼太外野手、長坂拳弥捕手が兵庫県西宮市の球団施設で記者会見を行った。3選手は、3月14日に大阪市内で行われた食事会に参加したことで新型コロナウイルス感染し入院、3月下旬に退院していた。 中でも騒動の矢面に立っていた藤浪は、プロ野球開幕延期という異例の事態にも関わらず食事会に参加したことを「かなり軽率だった」と反省の弁を口にした。スポーツライターの広尾晃氏は、この「謝罪」に違和感を覚えたという。 (文=広尾晃、写真=KyodoNews)

藤浪晋太郎は「誰に、何を」謝罪したのか?

マスクで顔の大部分を覆った藤浪の姿を見て、最初に思ったのは、「これはどうしても今、しなければならない会見だったのか」ということだ。 「緊急事態宣言」が発出されてから、人々の行動変容が強く求められている。メディアは取材人数を絞り込んでいた。会見をした藤浪ら3選手はもちろん、取材したメディアもマスクをしていただろうし、検温や消毒は徹底していただろうが、わざわざこの非常時に行うべきものだったのかどうか。 阪神球団と藤浪ら選手にとって、これは「禊」のようなものだったのだとは思う。こうして社会に謝罪しなければ、世間に顔向けできない。大っぴらに練習や野球選手としての活動ができない、という思いがあったのだろう。 だとしても、今のご時世、オンラインでの会見、YouTubeでメッセージを発信するなどの手段もある。 「それでは失礼に当たる」という感覚があったとすれば、それはあまりにも「昭和」だったように思う。 筆者は思う。そもそも藤浪晋太郎は「誰に、何を」謝罪したのか。

感染したこと自体は不幸であっても罪ではない

会見で、藤浪は切り出した。 「まずファンの方々、プロ野球関係者の方々、そしてチームの方々に大変なご迷惑をおかけして、非常に深く反省しております」 日本社会には、病気にかかるのは、「心身を鍛えていないからだ」「気が緩んでいるからだ」「生活が乱れているからだ」という論法で人を責める人が、いまだに少なからずいる。藤浪が「深く反省」したのは、そういう「昭和のおじさん」に対してだったのかもしれない。 しかし、新型コロナウイルスの日本国内の感染者は、4月27日の時点で1万3000人を超えている。当たり前の話だが「鍛錬の有無」「気の緩み」「生活」に関わりなく、誰でも罹患する可能性がある。 「やはり自分の認識が甘くて、自分がなるなんて思わないで行動していた。そのあたりが軽率だったと思います」 藤浪はこう続けたが、感染した若者は、誰しもがそう思ったことだろう。 病気になったことで、一番不幸になったのは本人だ。なのに世間様に「反省しています」と頭を下げるのは、理不尽としか言いようがない。筆者は「嫌な社会に住んでいる」と思ってしまった。

【関連記事】