Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【諸見里しのぶの目】小祝さくら、距離感安定!攻守のメリハリ抜群

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

◆女子プロゴルフツアー メジャー第2戦・日本女子オープン 第1日(1日、福岡・ザ・クラシックGC=6761ヤード、パー72)  ツアー通算2勝の小祝さくら(22)=ニトリ=が6バーディー、ボギーなしの66で、首位と2打差の2位につけた。試合のなかった前週は韓国ドラマを見てリフレッシュ。コーチとスイング修正を行い、メジャー初制覇へ好スタートを切った。イ・ナリ(韓国)が大会最少スコアに並ぶ64で首位。原英莉花(21)=日本通運=らが68で3位。  小祝選手は今季の好調を裏づけるスキのないゴルフでした。距離の長いパー4はしっかりとパーを重ねて、パー5や短いホールで攻める。午後スタートで風が吹いて、手前のピン位置が多い中でも距離感が安定していて、攻守のメリハリとマネジメントがきちんとできていましたね。  1番パー5でしっかりとバーディー発進して流れに乗った。4番の第1打と8番の第3打は、ショートアイアンでピタリとつけて伸ばした。ショットが乱れても、バンカーやアプローチなどのリカバリーも良くて、ボギーがなく、18ホール一度も流れを切らすことなく淡々とプレーしていた。  大会史上最長のコースでも距離は苦にならず、まだまだ余力がある印象です。今日のゴルフを残り3日間、続けられれば勝つチャンスは非常に大きいと思う。今後3日間も晴れ予報で、グリーンの硬さと速さが増す。そこにどう対応していくかが優勝へのカギになると思います。(07年大会覇者、女子プロゴルファー)

報知新聞社

【関連記事】