Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

菅田将暉、初の父親役で“娘”にメロメロ「初めてアドリブで鼻とか食べちゃおうかなと思った」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

菅田将暉と小松菜奈が、8月11日に都内で開催された映画「糸」の完成報告会に登壇。これで3度目と共演になる2人が、お互いの変化を明かした。 【写真を見る】3度目の共演で息もピッタリな菅田将暉&小松菜奈…2人とも輝く笑顔! 本作は、中島みゆきの糸を人に見立て男女の出逢いの奇跡と絆の大切さを歌った「糸」を映画化。 北海道・東京・沖縄・シンガポールを舞台に、平成元年に生まれた男女2人が平成の31年間の中で出会い、別れ、そして再びめぐり逢うまでの18年間の物語を描くラブストーリー。 当初、4月公開予定だったが、新型コロナウイルスの影響を受け、8月21日(金)に公開延期に。イベントには、瀬々敬久監督も登壇した。 3度目の共演となる菅田と小松。瀬々監督は2人のことを「ツーカーという感じがして。待ち時間も親しそうにしていたけど、一旦芝居を始めると、慣れ合いにならず、新しい芝居作りに常に挑んでいたのがいいなと思いました」と絶賛。 それを受けて菅田は「ツーカーはツーカーなんで」と言い、「今回は同じシーンは意外となくて、幼少期の思い出ありきのお芝居で。なので初めましての人じゃなくて、よかったなとも思いました」と回顧。 続けて「過去作で中学生の時のエピソードも演じていて。その時、お互いの首を絞め合ったり、顔面に唾はき合ったりした思い出が効きましたね」と打ち明けた。 一方、小松は「今までは激しい作品が多かったけど、今回は王道のラブストーリー。逆にいろんな作品を経たことで、私たちはどう変化したのか、どう『糸』を見せるられるのかは、面白さでもありました」と口にし、「本当に縁。共演してきて長いので、今回またご一緒できてすごくうれしかったです」と感慨深い様子で明かした。 お互いの変わった部分と変わらない部分を問われると、菅田は小松の変わった部分を「いっぱい差し入れするようになりましたね」と明かす。 「前はそんなに余裕もなさそうで、撮影の合間に会話をした記憶がなくて。でも、今回はそのスイッチングができていて。われわれ俳優部の仕事として、お芝居する以外にも僕らじゃないとできないケアがあると思う。そういう主演感や俳優感を感じました」と称賛。 また、小松がエキストラの多い寒いシーンで、豚汁を差し入れしようとしていたと明かし、「スタッフさんにバリバリのキャリアウーマンみたいな会話を繰り広げていて。火が使えないでできないってなったら、パシッと豚汁案を捨てて、お菓子買いに行っていてカッコよかったです」とエピソードを披露し、「頼りになるなと。できる人でしたね」と小松を絶賛した。 一方、小松は菅田が子役をすごくかわいがっていたことを明かし、「子どもが好きとは聞いていましたが、愛情たっぷりで父親みたいな一面を見られて、それは新しい部分だなと。今までそういう役はなかったし、私も30代の役が初めてだということもあって、大人になってきているなと思ました」と明かし、「子どもと一緒になって全力で対応していたので、いいお父さんになるんだろうなって思いました」とニッコリ。 その話を受けて菅田は「あれはかわいいですね」と破顔。初の父親役を「最初はできるか不安だった」と言いつつも、「現場に行くと、娘役の子たちがお父さんにしてくれる。かわいくてたまらなくて、初めてアドリブで鼻とか食べちゃおうかなと思った」明かし、会場の笑いを誘っていた。 最後には、2人が「4カ月越しの公開ができることを心から感謝しています。いろんなことがあったけど、一つのエンターテインメントとして楽しんでいただければ、これ以上ないです」(菅田)、「あらためて何が幸せで大切なのかをこの映画を見て感じてほしい」(小松)とそれぞれ思いを明かし、締めくくった。(ザテレビジョン・取材・文・撮影=TAKAMI)

【関連記事】