Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

シャイリーン・ウッドリー主演『アドリフト 41日間の漂流』新公開日が6月12日に決定

配信

cinemacafe.net

シャイリーン・ウッドリー主演で実際に起きた海難記を映画化した『アドリフト 41日間の漂流』。新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、公開が延期されていた本作が、この度6月12日(金)に公開されることが決定した。 【写真】実話を基にした壮絶な漂流記『アドリフト 41日間の漂流』 女優として出演するほか、製作総指揮にも名を連ねているシャイリーン。「タミーを演じられて本当によかった」とインタビューで答えるほど役への思い入れが強く、撮影に先立ち、航海術を完璧にするためにトレーニングを実施した。泳ぐのが得意だというシャイリーンは「水中の訓練はたくさんしたが、セーリング経験は皆無だったので、撮影が始まる前にひと月ほどハワイで、いろいろなタイプのボートでセーリングのしかたを習った。フィジーに行ったときも同様に1ヶ月間、セーリングを訓練した」とふり返る。 バルタザール・コルマウクル監督も「私はこれまで女性が主役として牽引する映画を手掛けたことはなかったので、若く、強い女性が物語のヒーローというアイデアが気に入ったし、シャイリーンこそ適役だと思ったんだ」と全幅の信頼を置いていることを明かしている。 今回の新公開日決定と同時に、巨大なハリケーンに遭遇し、遭難したヨットに1人取り残されたタミーが状況を打開すべく、壊れたヨットを修復しようと奮闘する本編映像が到着。 ハリケーンで行方不明になったと思われた婚約者リチャードが海に漂うのを発見した直後。すぐにでも助けに行きたいが、ヨットは壊滅状態。 そこで「待っててね!」とリチャードに呼びかけ、ヨットの修理を始める。ヨットの外装をテープで修復し、浸水した船内から水を排出、倒れたマストを立てて新たな帆を張る。自らに、リチャードに、そしてヨットに言い聞かせながら奮闘するタミーのたくましい姿を覗くことができる。 『アドリフト 41日間の漂流』は6月12日(金)より新宿バルト9ほか全国にて公開。

シネマカフェ cinemacafe.net

【関連記事】