Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

グッチがダウン症のモデルを初めて起用。インスタで80万いいねの大反響

配信

FINDERS

1921年にイタリア・フィレンツェで創設されて以来、世界のファッション界を牽引してきた高級ブランド、グッチ。スタイリッシュでラグジュアリーな財布やバッグが、世界中の人に愛されている。 そんなグッチが、この度起用したモデルが大きな注目を集めている。

イタリア版『ヴォーグ』に登場したダウン症のモデル

先月、ダウン症のモデルであるエリー・ゴールドスタインさん(18歳)は、イタリア版『ヴォーグ』に、グッチのマスカラ「L'Obscur」のモデルとして登場。さらに先月中旬、グッチのInstagramにエリーさんの写真が掲載されると、80万件以上の「いいね」を獲得し、大きな反響を呼んだ。グッチがダウン症のモデルを起用するのは、これが初めてだ。 現在はエセックス州レッドブリッジの大学で、パフォーマンスアートのクラスに在籍しているエリーさん。グッチのキャンペーンの経験について「モデルは本当に楽しかったし、グッチのドレスも素晴らしかったです。写真撮影したことを誇りに感じていますし、もっと有名になりたいと思いました。これからは他のブランドのモデルになることも楽しみにしています」と『METRO』の取材に述べている。 エリーさんが障害を持つ人々のマネージメントを行う代理店「ゼベディ・マネージメント」と契約したのは3年前。それ以来、エリーさんにはモデルの依頼が殺到。2018年にはテレビのゴールデンタイムで放送されたドラッグストア「Superdrug」のクリスマス広告に登場。昨年夏の女子ワールドカップでも、ナイキの広告でモデルを務めた。

ファッションや美容の広告モデル1万人の内、障害者は1人か2人

エリーさんが所属するゼベディ・マネージメントによれば、広告に登場する人の内、障害を持つ人の割合は0.06%。さらにファッションや美容の広告となると、0.01~0.02%にまで減少する。「これは1万人に1人か2人という計算になります。このInstagramの投稿が証明しているように、もはやブランドは、『一般人は障害者のモデルを見たくない』と言うことはできません」と語るゼベディ・マネージメントのローラ・ジョンソンさん。 「さらに障害者がモデルとして登場するということは、倫理的な問題だけでなく、ビジネス的にも有益です。というのも、障害者の消費は年間2490億ポンド(約33.5兆円)と推定される巨大な市場となっているからです」とも。 さらに、ジョンソンさんは「といっても、エリーがモデルとして人気があるのは、彼女が障害者だからではありません。彼女は外見も内面も素晴らしい人です。彼女が入って来るだけで部屋が明るくなります。もちろん、プロフェッショナルとしても素晴らしい存在です」と付け加えた。 障害をハンディキャップではなく、個性としてとらえることができる世界がすぐそこまで来ているのかもしれない。

仲田拓也

【関連記事】