Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

美 少年主演の「真夏の少年~19452020」に博多華丸、長谷川京子、水野美紀が出演!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

7月31日(金)スタートの美 少年主演金曜ナイトドラマ「真夏の少年~19452020」(毎週金曜夜11:15‐0:15ほか、テレビ朝日系)に博多華丸・大吉の博多華丸、長谷川京子、水野美紀が出演する。 【写真を見る】“モンスターペアレント”奈津子を演じる水野美紀 同ドラマは、関東にある某地方都市のベッドタウンを舞台に、そこで暮らす高校生の風間竜二(岩崎大昇)、瀬名悟(佐藤龍我)、柴山道史(那須雄登)、春日篤(浮所飛貴)、山田明彦(藤井直樹)、山田和彦(金指一世)らが、ある日終戦間際の大宮島(現在のグアム島)からタイムスリップしてきた軍人・三平三平(みひら・さんぺい)と出会い、自由や幸せについてが描かれていく青春ヒューマンコメディー。 バラエティー番組のみならず、ドラマや舞台、MCなど幅広い分野で八面六臂(ろっぴ)の活躍を見せる華丸が、初めてテレビ朝日の金曜ナイトドラマに登場する。 ■ 高校生たちに真っすぐに刺さる三平の言葉 今回、華丸が演じるのは、キーマンとも言える人物、終戦間際の大宮島(現在のグアム島)からタイムスリップしてきた軍人・三平。 三平は、明治生まれの軍人。終戦間際のグアム島で部隊からはぐれてしまい、何かの拍子に現代にタイムスリップ。 落雷とともにやってきた富室町で美 少年が演じる高校生たちと出会い、令和2年の世界を体感した三平は、自由で平和であるはずの時代に不自由で生きづらそうにしている彼らの姿を目の当たりにする。 戦時下で自由など与えられず、規制された世界の中で生きてきたため、この令和の日本を謳歌(おうか)し、誰よりも楽しむ三平。そんな三平が感じ、発する言葉だからこそ、現代の高校生たちには新鮮に、そして真っすぐ刺さっていく。 これまでも変幻自在な表現力で常に見るものを楽しませてきた華丸が今作で、魅力的で躍動感たっぷりに三平を演じ上げる。 ■ 長谷川が演じるのは町の絶対権力者 物語にも大きく関わってくる高校生たちの母親役にも、注目キャストが続々決定。藤井演じる明彦と、金指演じる和彦兄 弟の母親で、富室高等学校の理事長でもある山田ゲルハルト節子を演じるのは、長谷川。妖艶な悪女からコメディータッチのキャラクターまで、さまざまな役柄を演じ分ける長谷川が、今作では町の絶対権力者を熱演する。 富室高校の理事長職だけでなく、山田ホールディングスの社長、病院・スーパーの経営者、そして次期富室町長の候補でもある節子。しかしその本当の姿が徐々に明らかになっていき、そのことが竜二、悟、篤らの生活にも影響を及ぼしていくことになる。 ■ 水野が演じるのは過保護すぎる“モンスターペアレント” そして那須演じる富室高校生徒会長・道史の母・奈津子役には水野が決定。良家の令嬢として育った奈津子はプライドが高く、教育熱心で、道史に異常なまでの愛情と関心をそそぐ、“モンスターペアレント”。 過保護につぐ過保護で息子を管理した結果、道史の周りには友だちが一人もいなくなってしまい、ついには道史にまでもそっぽを向かれてしまう。 出演する作品で唯一無二の存在感を放ち続け、当代きっての“怪演女優”と名高い水野。今作でも周囲を震撼(しんかん)させる“モンスターペアレント”ぶりを好演し、「真夏の少年~19452020」をさらに盛り上げていく。 ※岩崎大昇の「崎」は「立つ崎」(ザテレビジョン)

【関連記事】