Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Web3.0時代の到来ーーブロックチェーンがこれからの社会に必要な理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

昨今バズワードのように語られるブロックチェーン。その歴史は2009年に始まったばかりだ。ブロックチェーンは、FinTechの一種であると思われがちだが、既に金融分野に限らず幅広い領域での導入事例が登場してきた。例えば教育分野では学位の詐称を防止するために、一次産業では産地情報の改ざんを防止するために、それぞれ国内でも活用が進んでいる。 そもそも、なぜブロックチェーンはこれだけ注目されているのだろうか。未来の社会にブロックチェーンは必要になるのだろうか。

「価値」に革命を与えたブロックチェーン

ブロックチェーンが注目されている理由と合わせて、まずはブロックチェーンについておさらいしておこう。 ブロックチェーンの歴史は、インターネットの歴史にとても似ている。「インターネットとは?」といわれて明確な定義が存在しないのと同様、「ブロックチェーンとは?」といわれても明確に定義することはできない。しかし、インターネットの定義が三者三様のまま我々の社会を変革したように、ブロックチェーンの定義も三者三様のままでいい。むしろ、誰の干渉も受けないのがブロックチェーンの特徴ともいえるのだ。 インターネットの普及により、我々人類は「距離と時間」を超越した。地方に住む家族にメールを送ることができ、直接顔を合わせなくても自宅で仕事ができる。これが、インターネットの起こした情報革命だ。 一方のブロックチェーンは「価値」に革命を与える。ブロックチェーンに少し詳しい人であれば、「価値のインターネット」という表現に違和感は感じないだろう。ここでいう価値とは、インターネットによってやり取りされるデジタルデータの内容を意味する。 先述の通り、インターネットの普及により我々は、距離と時間を無視してコミュニケーションが取れるようになった。この背景にはデジタル化の影響が大きく存在している。一方で、まだまだ不都合な仕組みも残ったままだ。

インターネットは性悪説から性善説へ

現状のインターネット通信における最大の課題は、やり取りされるデジタルデータの信憑性を証明することができない点にある。 例えば、AとBという人物間で契約書が作成されたとする。Aがメールで送った契約書にBが署名する場合、BはA本人から送られてきた契約書なのかどうかを証明することはできない。AからBにメールを送る途中でハッキングに合い、契約書の内容が書き換えられている可能性がゼロではないからだ。 こういった一種の性悪説の元に現状のインターネットは成立している。そのため、本人であることを確認するために印鑑が必要になったり、ファイルとパスワードを分けて送ったりしているのだ。(※ファイルとパスワードを分けてメールで送るというよくあるこの行為は、同じ通信プロトコルを使用しているため実は全く意味がないことではある) これを解決するのがブロックチェーンだ。つまり、インターネットによってやり取りされるデータの内容を証明するのがブロックチェーンである。具体的には、電子署名とハッシュ関数、そしてタイムスタンプの仕組みを応用する。 ブロックチェーンで管理されるデータには全て、一意の電子的な署名が施される。まずこれにより、誰のデータなのかが明確になる。電子署名が施されたデータは一定量にまとめられ1つのブロックとして扱われる。 なお、ブロックが作られると同時に時刻も付与されるが、これをタイムスタンプと呼ぶ。タイムスタンプが付与されたブロックは、時系列に従って連結されていく。これこそ、ブロックチェーンがブロックチェーンと呼ばれるようになった所以だ。

【関連記事】