Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

坂本龍一、ライアン・マッギンレー、デザイナーのジル・サンダーが登場。ユニクロが発行する『LifeWear Magazine』最新号が8/28(金)より配布開始。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Pen Online

2019年8月に創刊したユニクロのフリーマガジン『LifeWear Magazine』。最新号となる2020年秋冬号がユニクロ公式サイトで先行公開がスタートした。また、8/28(金)より全国のユニクロ店舗と電子書籍「Kindle」で配布が始まる。 【関連記事】8年ぶりに原宿にオープンしたユニクロは、ファッションとカルチャーの発信基地だ。 今号のテーマは“Our Tomorrow”。未曾有のパンデミックを経験し、世界が大きく変化したいま、服を通して物事の本質に目を向け、明日を自由に語り合おうという想いが込められている。 誌面では、ニューヨーク在住の坂本龍一氏、ライアン・マッギンレー氏が登場。現在の表現活動やこれからの世界について語っている。 さらに、2020年秋冬にローンチするリサイクルダウンの製造工場を、モデル・女優の青柳文子氏が見学。古いダウンジャケットから新しいリサイクルダウンが生まれる現場をリポートしている。さらに、錦織圭選手やロジャー・フェデラー選手などがゲームウエアとして着用しているポロシャツ「ドライEX」が、ペットボトルから製造される過程も紹介されている。 同社は先行公開にあわせ、ジル・サンダー氏とのコラボレーション「+J」の再開を発表。誌面にはデザイナー、ジル・サンダー氏の最新インタビューを掲載。どのようなアイテムが展開されるのか、詳細の発表が待ち遠しい。 無料とは思えないほど読みどころ盛りだくさん。ユニクロの新作をチェックする時にあわせて読みたい一冊だ。

文:Pen編集部

【関連記事】