Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ケンブリッジ飛鳥、トップと同タイムで決勝へ 左膝の不安払拭「もっと調子が上がる」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE ANSWER

日本選手権が開幕

 東京五輪まで10か月を切った中、陸上の日本選手権初日が1日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われ、男子100メートルでは多田修平が全体トップの10秒23、ケンブリッジ飛鳥も同タイムの10秒23、桐生祥秀は10秒27で2日の決勝に進出した。コロナ禍で6月に開催予定だった今大会。秋の日本一決定戦で東京五輪に向けて弾みをつける。 【決勝進出者一覧】多田とケンブリッジが全体トップ、桐生の準決勝のタイムは?  無風の中、ケンブリッジは落ち着いた走りを見せた。最後は多田と並んでゴール。「予選は足の不安が残っていたので様子見だった。そこまで気にならない。1本走ってみて体が動いてきたかなと思います。体の状態自体は走り終わってもいい。違和感が出たり、怪我をしそうだなというのはない」と強調した。約1か月前の富士北麓ワールドトライアルでは、左膝の張りで200メートルを棄権していた。  ケンブリッジは8月29日のアスリートナイトゲームズイン福井の予選で3年ぶりに自己ベストを更新する10秒05をマーク。決勝でも10秒03で再更新し、好調ぶりを見せていた。「スタートの練習をする時間が少なかったので、良い時の状態が定着していない。ただ、状態自体は悪くない。明日に向けてもっと調子も上がってくるのではないかと思います」と手応えを明かした。  桐生らとの日本一決定戦へ「ポイントは、今は僕の場合は前半も後半もいいイメージを持てていなかったので、そこで修正すればチャンスはある」と気合。2日の決勝で勝てば4年ぶり2度目の優勝となる。

THE ANSWER編集部

【関連記事】