Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ノムさんの野球人生を変えた言葉 「再生工場」と帽子の中の秘密 追想・野村克也

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 プロ野球ヤクルトで黄金時代を築き、阪神、楽天などでも監督を務めた野村克 也さんが2月11日、84歳で亡くなった。野村さんは野球のことになると話は尽きず、試合前から球場のベンチで語り続けることが多かった。私はヤクルトが14年ぶりにリーグ優勝した1992年、日本一に輝いた93年、そして94年と3年間、担当記者としてさまざまな逸話を聞かせてもらった。その中で野村さん自身の野球人生を変えた言葉を聞いたことがある。それは、南海(現ソフトバ ンク)の選手時代に監督からかけられたさりげないひと言だった。(共同通信=中井聡)  南海にテスト生で入団してプロ3年目の57年。ようやく、捕手として1軍のオープン戦に出させてもらえるようになったとはいえ、まだ迷いと不安ばかりが募っていた時期。練習中に球場で鶴岡一人監督(故人)と偶然すれ違い、なにげなく「野村、おまえ、ようなったな」と言われた。これが大打者、名捕手への道を開く大きなきっかけとなったという。

 30年以上も前のことを最近のことのように話し「あのひと言がどんなに自信になったか。あれがなかったら、今の自分はない。さりげない監督のひと言が自信を与え、選手を育てるものなんや」と懐かしんでいた。  実際、この年は初めて132試合にフル出場。30本塁打をマークして本塁打王に。一流選手への足場を築き、45歳まで捕手一筋で通算657本塁打を放つ名選手までになった。  南海の選手兼任監督時代、プライドの高い先発投手の江夏豊に対し「球界に革命を起こそうや」とリリーフ転向を説得し、成功したのは語り草になっている。ここまで劇的ではないにしても、3度の日本一に輝いたヤクルト時代にも、選手にかける言葉は大きな「戦力」となっていた。  190センチ近い山田勉という大型右腕がいたが、気の弱いところもあって92年までプロ7年間で未勝利。その投球練習を見た野村監督が、当時巨人の先発の柱として活躍していた桑田真澄を引き合いに「おまえが覆面をかぶって、球だけ見たら、桑田と間違えるぞ」と声を掛けるのを目撃した。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS