Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

原点回帰かつ新時代のスタート。NBAが公式球をウィルソンへ変えた理由【杉浦大介コラム vol.22】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NBA Rakuten

過去に公式球が変わったのは1度だけ

最近のNBAで新型コロナウイルス関連以外のビッグニュースといえば、リーグ75周年にあたる2021-22シーズンから公式球がウィルソンに変更すると発表されたことだ。 NBAジャージーのサプライヤーは1999年以降、プーマ、チャンピオン、リーボック、アディダス、ナイキと変遷してきた。しかしボールは1983年以降、一貫してスポルディング製。NBAが急速な発展を遂げる途上で、スポルディングのロゴ入り公式球はほとんどリーグの象徴のようになっていた。リーグ75周年を迎える2021-22シーズンからボールが変わることは、歴史的な変化と言って良いだろう。

「NBAの歴史上、公式球が変わったのは過去に1度だけです。1946~1983年はウィルソンのボールが使用され、1983年からはスポルディングのボールが公式球になりました。このようにサプライヤーが2社に限定されてきたことは、ボールの安定性を保ち、プレイヤーの要望に応えるという意味で利益がありました」 筆者のEメールによる取材に、NBAグローバル・パートナーシップ部門プレジデントのサルバトーレ・ラロッカ氏もそう述べている。

アメリカ国内におけるウィルソンの評判

それでは、いったいなぜこの時期にボールのサプライヤーが変更になったのか。スポルディングの契約が切れる2020-21シーズンのあと、ウィルソンがNBAのパートナーに返り咲いた理由はどこにあるのか。 「ウィルソンはバスケットボールの発展とそのグローバル化のために、これまで大がかりな投資を行なってきました。彼らはNCAAの男女トーナメント、FIBAの3x3、複数の高校バスケットボール連盟などにもボールを提供してきました。私たちと同じように、バスケットボールを世界中で発展させたいという決意を持っています。そんなウィルソンとの協力関係をNBAは楽しみにしています」 ラロッカ氏はそう述べ、ウィルソンのバスケットボールに対するコミットメントを変更の理由として挙げた。アメリカで大人気のNCAAトーナメントで使用されていることもあり、実際にアメリカ国内ではウィルソンのボールは存在感がある。インターネットなどで調べても、その品質に対する評判は概ね良好だ。