Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「とんがり帽子のアトリエ」「ルーヴルの猫」「極主夫道」がアイズナー賞に輝く

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
コミックナタリー

白浜鴎「とんがり帽子のアトリエ」、松本大洋「ルーヴルの猫」、おおのこうすけ「極主夫道」の各英語版が、アメリカのマンガ賞・アイズナー賞で最優秀アジア作品賞、最優秀賞ユーモア賞を受賞した。 【写真】「極主夫道」1巻(メディアギャラリー他2件) これは現地時間7月24日に、「第32回 ウィル・アイズナー コミック・インダストリー・アワード」のオンライン授賞式にて発表されたもの。同賞は過去1年間で優れた業績、活動を残した国内外のマンガ作品とアーティストに送られるもので、例年はアメリカ・サンディエゴで開催される「コミコン・インターナショナル」内にて発表されている。今年は新型コロナウイルス感染症の影響を受け、「Comic-Con@Home 2020(コミコン・アット・ホーム 2020)」としてオンラインで開催中だ。 「とんがり帽子のアトリエ」「ルーヴルの猫」がダブル受賞したのは、アメリカで翻訳出版されたアジアの作品の中で最も優秀な作品に贈られる最優秀アジア作品賞(Best U.S. Edition of International Material -Asia)。昨年には東村アキコ「東京タラレバ娘」も選ばれた。「極主夫道」が受賞した最優秀賞ユーモア賞(Best Humor Publication)は、田中政志「ゴン」以来、日本人で22年ぶりの受賞という快挙となった。

【関連記事】