Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ラグビー】釜石シーウェイブスが2選手追加 チャンスもらった若者が東北で燃える

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 ジャパンラグビートップチャレンジリーグに属する釜石シーウェイブスが、2020年度新加入選手を2人追加した。  ひとりは、専修大学を卒業後、トップリーグの宗像サニックスブルースに昨季1年在籍したプロップの束田涼太。  新たなチャンスをもらい東北に飛んだ24歳の束田は、「釜石シーウェイブスに入団ができ、とても嬉しく思っています。早くチームの勝利に貢献ができるように努力と挑戦をしていきますので、応援よろしくお願いいたします」とコメントしている。  もうひとりは、昨年、トップリーグのキヤノンイーグルスに短期在籍していたスクラムハーフの金子峻大。  法政大出身でニュージーランド留学経験もある26歳の金子は、「今シーズン釜石シーウェイブスに入団できることを嬉しく思います。ファンの皆様にグラウンドでお会いし、プレーを見ていただけるよう日々精進してまいります。応援よろしくお願いいたします」と述べ、新たなチャレンジに燃える。

【関連記事】