Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

路上生活者ゼロがゴールなのか? 宮下公園で暮らしたEXIT兼近「社会から逃れるための場所があってもいいのでは」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 この夏、渋谷の新たな観光名所となった「ミヤシタパーク」。かつて多い時には70人以上のホームレスが暮らしていた「宮下公園」の跡地に建設されたスポットだ。 【映像】ホームレスの経験もある兼近と路上生活の現状を考える  再開発などを理由に、ここで暮らしていたホームレスたちは退去を余儀なくされた。渋谷区によると、約25人が行政の支援により、シェルター(緊急一時宿泊施設)やアパートへと移っていったのだという。

 さらに東京都では、2024年度末までの“ホームレスゼロ計画”を進めている。「自立の意思を持つすべてのホームレスを地域生活へ移行する」と いうもので、実際にホームレスの数は減少を続けているという。ホームレス歴20年以上のスズキさん(46)は「オリンピックが延びたおかげで、まだ追い出されなくて済んでいるが、年内中に身の振り方を考えないとまずいなと。居場所がなくなる」と話す。  17日の『ABEMA Prime』では、ホームレスゼロという目標の妥当性。そして「自立の意思」と正しい支援とは。元ホームレスと支援者を交えて考えた。

■「社会から逃がれるための場所があってもいいのではないか」

 実はお笑いコンビ・EXITの兼近大樹も、かつて宮下公園でホームレスとして暮らしていた一人だ。  「7、8年前、本当に短い間だが、しがらみから抜け出したくて、いわば“好きで”ホームレスをやっていた。若い人はあまりいなかったが、社会生活が送れなくなった方はもちろん、何かから逃げてきた方、僕と同じような理由の方など、ホームレスになった理由にも多様性があった。宮下公園では朝になると支援者の方がおにぎりを配っていたし、近くの代々木公園に行けば炊き出しをしていた。その辺にいるおじちゃんが、“あそこの教会に行けば乾パンをくれるよ”と教えてくれたりする。交流もあるし、意外に余裕だな、むしろ居心地がいいなと思ってしまった」。  その上で「施設に行ってしまうと、そういう食事の支援や、交流もなくなってしまう。だから“ホームレスでいる方が楽だから”とまた、戻って来てしまう方がいるんだと思う。僕の場合は家族がいたので戻れたが、そうでない方もいらっしゃるわけで、社会から逃がれるための場所があってもいいのではないか。単に立ち退かせてホームレスをゼロにするというよりも、ホームレスにならなくて済むような仕組みを作ることも必要だと思う」と話す。  相方のりんたろー。は「きょうもミヤシタパークの目の前で兼近君とネタ合わせしていたが、ふと“俺、ここで生活してたんだなあ”みたいな目で見ていた。お金の問題でホームレスになった人ばかりだと思っていたが、人間関係や、施設や家よりも路上の方が過ごしやすい、という人がいる以上、果たしてゼロにすることが本当に良いことなのか、とも思ってしまう」と指摘した。

【関連記事】