Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「操作性がいい」は勘違い!? プロでもデカヘッドを使う時代に「小ぶりヘッドドライバー」が出続ける理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

2020年の最新ドライバーを見てみると、そのほとんどがヘッド体積460cm3の大型ヘッドだが、それよりも小ぶりなモデルも一定数存在している。ツアープロが大型ヘッドを使う今の時代に小ぶりヘッドのモデルはなぜ作られるのか。また、小ぶりであるメリットとは何か。ギアオタク店長ことクラブフィッター・小倉勇人に詳しく聞いた。

昨今のドライバーのトレンドとして、アマチュアはもちろんツアープロまでがルール上限である460cm3の大型ヘッドを好む傾向がある。これはひとえに「結果が出やすいから」にほかならない。 打点の安定しないアマチュアにとって、いわゆるスウィートエリアを広く作りやすく、打点のミスに強い大型ヘッドが人気になるのは自然な流れだが、ボールを細かくコントロールするよりも少々のミスはヘッドの寛容性を利用して方向性を確保し、自身はより飛距離が出る方向に意識を使うといった考え方からツアープロまでもが大型ヘッドを好むようになっているのだ。 しかしそんなトレンドの中でも必ず一定数発売されるのが、460cm3よりちょっと容量の小さいドライバー。最新の2020年モデルでも、キャロウェイ「マーベリックサブゼロ(450cm3)」、本間ゴルフ「TR20 440(440cm3)」、ヨネックス「EZONE GT 435(435cm3)」などが発売されている。

ちょっと極端な例にはなってしまうが、テーラーメイドのオリジナルワン(275cm3)といったミニドライバーと呼ばれるモデルまでが市販されているのだ。 このいわゆるデカヘッド全盛期になぜこういった小ぶりなドライバーが存在するのだろうか。クラブフィッターの小倉勇人氏に話を聞いた。 「結論から言ってしまえば小さいヘッドのほうが結果が出る、もしくは好むゴルファーがまだいるということです。クラブの製造技術が進化し、強度を確保しながら余剰重量を多く作り出すことができるようになったので、投影面積の大きいヘッドでも重心位置、つまりヘッドの特性を大きく変えることができるようになりましたが、そういったクラブは見た目と性能の差が大きくなります。小さめのヘッドを好むゴルファーは操作性やヘッドの回頭性などの性能を求めることが多いので、いくら性能が同じでも小さめの見た目と性能が一致しやすい小ぶりなモデルを選ぶのでしょう」(小倉氏、以下同) では小さめのモデルはみなそういった操作性重視の性能になっているのかといえば「そうとも言い切れません」と小倉氏。 「前述した通り製造技術が進化しているので、直進性を重視した小ぶりなヘッドのモデルもあります。小ぶりなモデルは複数のモデルをラインナップしたシリーズで存在しているケースが多く、兄弟モデルの中によりサイズの大きいモデルが存在していることが多いです。そういったモデルと比べてしまうために操作性が良い! と表現されることが多いのですが、単体で打ってみると十分直進性の高い性能を持ったモデルもあります」

【関連記事】