Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

徳島市立 河野博幸監督「夏冬ベスト8の昨年を越えるために、攻撃的な進化を目指す」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

 昨年度はインターハイ、選手権共にベスト8に輝き、私学勢が全盛の中で公立の雄として存在感を見せたのが、徳島市立だ。チームを率いるのは、現役時代にインターハイ優勝を経験するOBの河野博幸監督。過去には元日本代表の塩谷司(アル・アイン/UAE)らプロサッカー選手も育てた注目の指揮官にチームが目指すサッカーや求める選手について尋ねた。 【フォトギャラリー】徳島市立 ーー目指すサッカーについて教えてください。  その年にいる選手のタイプによって戦い方は違います。昨年は全国大会で攻め勝つだけの力がなかったので、粘り強く守ってカウンターを徹底しました。チームとして目指すスタイルを真面目に頑張れる選手が多かった結果がインターハイと選手権のベスト8に繋がったと思います。ただ、毎年のことですが、同じことを繰り返すだけでは昨年と同じかそれ以上の結果は出ないので、昨年よりも前に出ていくサッカーを目指しています。身体能力が高い選手が多いのでボールを奪ってからシンプルに前線に攻撃するだけ奪うのではなく、組み立てながら高い位置まで運ぶスタイルが理想です。そのため、センターバックにはサイズがあってある程度ボールを扱える技術、ボランチにはスペースを埋める感覚やパスを散らせるセンスを磨いて欲しい。ワイドの選手は縦を仕掛けてクロスを上げて欲しい。近年は3バックを継続しているので、年度によってスタイルとシステムは違いますが、選手に求める役割はシンプルです。 ーー年々、一芸を持った選手が増えている印象があります。  今年のチームにもボールが扱えなくても相手と競り合えて、恐れずに飛び込めるセンターバックや左利きで良いクロスやロングスローが投げられる選手など個性的な選手が揃っています。以前はグループでボールを繋ぐサッカーを目指し、足元の技術に長けた選手を重宝していましたが、身体能力が高い選手と対峙した時やプレッシャーがかかる全国大会で継続したことがうまく表現できずに負けが続いていました。県内とは違い、よりさまざまなプレッシャーのかかる全国ではできることよりもできないことの方が多い印象です。それなら、できないことが多くてもトーナメントで勝てる人材を大事にしようと考えるようになりました。また、高校で組織的に崩すサッカーを重視し過ぎても、卒業後に個人で見た際に長所が見えづらいとも気付いたのも分岐点でした。周りが絡んでくれるから活きる選手が多く、単独で突破できるかと言えば難しい。それなら、ボールの扱いが下手でも速さを活かして縦突破からクロスを上げられる選手の方が良い。以前のスタイルならミスが多くて使えなかった選手でも、今は長所を発揮してくれば良いと積極的に起用するようになりました。できないプレーはできる選手に任せれば良い。対人が強くても足元が苦手な選手は、ボールを奪ったらポゼッションできる選手に預ければ良いとの考え方です。もちろん苦手なことが全く出来なくても言いということではありません。 ーーそうした人材の変化もスタイルの変化に繋がっていそうです。  以前はボールを持っていることが守備にも繋がると考えていましたが、今は攻撃を重視しすぎてカウンターを受けるリスクを避けるため、良い守備からカウンターを目指そうと考えるようになりました。勝負に徹するためにシンプルになり、求める選手のタイプも変わっていったイメージです。もちろん、予選を確実に突破するためには得点を奪わなければいけないので攻撃も重視しています。練習もほとんどが攻撃の練習です。

【関連記事】