Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中国で発生している原因不明のウイルス性肺炎 冷静に正しい情報を

配信

BuzzFeed Japan

中国の湖北省武漢市で発生している原因不明の肺炎。同市の衛生当局によると、1月5日までに原因不明のウイルス性肺炎を発症した59例が報告されており、そのうち7人は重体になっているとのことです。現時点でわかっている情報を整理してみましょう。【寄稿:今村顕史・都立駒込病院 感染症科部長 / BuzzFeed Japan Medical】

人から人への感染は報告されていない

外務省も、この原因不明の肺炎の発生に対する注意喚起として、1月8日付けでスポット情報を出しています。 中国湖北省武漢における原因不明の肺炎の発生(その2) 現時点でわかっているポイントをまとめると以下となります。 ・中国の同一地域で、原因不明のウイルス性肺炎が発生しはじめた。 ・これまでの検査で、これまでに流行のみられた鳥インフルエンザやSARSなどは否定。 ・現時点では原因ウイルスの特定については発表されていない。 ・家族や医療者などの接触者への継続したヒト-ヒト感染(人から人への感染)は報告されていない。 ・発生地域の海鮮市場を利用した人が多く含まれている。 SARS(重症急性呼吸器症候群)は、2002年に中国で発生したウイルス感染症で、アジアを中心として大流行を起こしました。また、鳥インフルエンザA(H7N9)は、2013年3月から中国において患者が報告されています。 2015年には、韓国でMERS(中東呼吸器症候群)の流行が起こり、186人が感染して38人が死亡しています。この韓国の事例では、院内感染が多く起こっていたことがわかっています。 このような、過去に流行を起こした、検査が可能なウイルス感染症については、現時点で否定されているとのことです。 時事通信の報道によると、新型のコロナウイルスを検出し、SARSやMERSもコロナウイルスを原因としますが、この二つとは違う種類のウイルスだそうです。 新たなウイルス感染症の可能性を考えて、原因ウイルスの解明をすすめているところです。

【関連記事】