Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

子育てをめぐって離婚寸前の夫婦が、劇的に再生した“勇気ある決断”とは

配信

女子SPA!

 何らかの事情で一度関係の壊れかけた夫婦でも、思わぬきっかけで再生することがあります。男女関係や不倫事情を長年取材し著書多数のライター・亀山早苗さんが、夫婦の“再生物語”をレポートします。(以下、亀山さんの寄稿)  夫のことは嫌いではないが、一緒に暮らしていくのは何ともうっとうしい。ナツミさん(36歳)は、結婚してすぐそう思うようになっていた。  同い年の夫と結婚したのは31歳のとき。つきあって半年で妊娠が発覚、そのまま婚姻届を出した。やさしい人だし、これも縁だと思って結婚したものの、実際に生活してみるとことごとく価値観が合わない。出産後は思い通りにならない育児と、心配性でやたらと「保護」しようとする夫にうんざり。「めんどうくさい」とすべてを放り出したくなったという。

「きみと子どものことが心配でたまらない」

 ナツミさんの夫は、一般的には「いい夫」だと思われる面が多々ある。妻とは何でも話し合い、妻の心身を心配し、子どものことには細部まで目配りをする。ただ、彼女にとっては、自分が追いつめられているように感じたのだという。 「婚姻届を出したのは妊娠4ヶ月のとき。夫は私を労(ねぎら)って、何もかも自分でやろうとする。でも私は仕事を続けていたし、ときには残業だってします。金融関係は繁忙期は本当に忙しくて。すると夫は『妊婦を残業させるなんて、きみの会社はひどいよ。オレが抗議する』なんて言い出す。私の体調が悪いわけでもないのに。夫を止めるのに一苦労でした。  一時期、切迫早産の危険もあったのですが、あくまでも危険性があると言われただけなのに勝手に入院を決めてしまったり。結局、入院はしないですんだのですが。なんでも勝手に決めないでというと、『オレはきみと子どものことが心配でたまらない』と。善意でしているから、あまり感情的に怒れないんですよね。それがつらかった」  まるで過干渉の父親と同居しているかのような生活だったとナツミさんは苦笑する。子どもが産まれて半年後、保育園に入れることになったので早速、会社に復帰しようとしたら夫は大反対。子どもは3歳までは親が育てるものだと「3歳児神話」を強烈にぶつけてきた。 「このときばかりは私も反論しました。私は社会復帰したいし、子どもとふたりきりで家にいたらストレスまみれになってしまう。そんなに手元で育てたいなら、あなたが会社をやめればいいでしょ、と」  すると夫は実家から母親を呼びつけようとした。同居して子どものめんどうを見てもらう、と。姑との同居にはさすがに怯(ひる)んだナツミさんだが、姑のほうが一枚上手で、息子からの同居の打診を断ってくれた。

【関連記事】