Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Jリーグ4カ月ぶりに「観客」試合…サポーター「家で見るのとは全然違う」 清水はG大阪に惜敗

配信

静岡朝日テレビ

 Jリーグは4カ月ぶりに観客を入れて試合が行われました。開幕から勝利のないエスパルスも、サポーターの後押しを受けました。 藤枝在住80代女性: Q家で見るとのスタジアムは違いますか 「全然違います、大違い。やっぱりスタジアムで生を見るのが一番いいです!」 北海道50代男性: 「サポーター冥利に尽きるかなと思います。声もそんなに出せないという状況なので、いいプレーには最大限の拍手を送りたいなと思っています」 新型コロナ感染拡大を受け、無観客で開催されていたJリーグ。観客の数を制限し、入場者を迎えました。

清水 後半39分に追いつくも…

 サポーターに今シーズン初勝利を届けたいエスパルス。  前半10分、中村のパスに抜け出した岡崎が後藤へクロス、これはわずかに合いません。  19分には奥井のパスから18歳の鈴木がシュート。しかし、日本代表のGK東口に阻まれます。  チャンスをものにできないエスパルス。40分、ガンバ大阪のパスワークで守備を崩され、先制点を奪われます。  後半39分、フリーキックを得たエスパルスは素早いリスタートから中村のクロスに立田のシュートで同点に追いつきます。  しかし、試合終了間際の44分、一瞬の隙を突かれて失点。清水エスパルスは1対2でガンバ大阪に敗れました。  スタジアムに駆け付けたサポーターと、喜びを分かち合うことはできませんでした。

立田選手「サポーターが入り温かいものを感じた」

清水エスパルス 立田悠悟選手:「人が入っていることが、個人としてもチームとしても、すごくうれしかったし、モチベーションが上がった。自分たちはしっかり結果を出すことが全て。早く勝利を届けられるようにしたい」