Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

西川きよし 渡哲也さんを惜しむ「プロポーズ大作戦」縁で番組共演、42年間親しく

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 西川きよしが15日、土曜レギュラーを務めるMBSラジオ「ありがとう浜村淳です」に出演し、10日に78歳で死去した俳優・渡哲也さんに感謝と追悼の思いを述べた。  長く親交があったという西川は「夕べから今朝も仏壇の前に座ってお話をさせていただいて。42年間、よくさせていただいたので」と、渡さんに感謝した。パーソナリティーの映画評論家・浜村淳氏が「西川さんのお嬢ちゃんの結婚式にも駆けつけてくれました」と話をつなげると西川は「それまでお会いしたことがなかったですが、ある日突然、42年前にマネジャーが『西川さん、渡哲也さんをご存じですか』と。知ってるよというと、『石原プロから電話があり、NHKのビッグショー出演の話が来てるんですけど』と、お声をかけていただいた」と、知り合ったきっかけを明かした。  当時は面識もなかったため「なぜ僕なのかなと思っていたんです」とし、「(石原プロモーション元専務の)小林正彦さんにお話をうかがったら(『ビッグショー』で共演する)ゲストは誰がいいかとなって、いろんな方が候補に出たが、渡さんが『いや~』って首を縦に振らなかった。それで『誰だったらいいですか』と話したら『西川きよしさんを呼んでくれるんだったらやる』と言ってくれたそうです」と、渡さんの指名で共演の話を持ちかけられたことを説明した。  なぜ西川が選ばれたかを渡さんにも聞いたことがあるそうで「(横山やすし・西川きよしでMCを務めていた朝日放送)『プロポーズ大作戦』を家族で見ていただいていたそうです。それくらいファンで、西川さんということでした。うれしかったわ」と振り返った。  以来付き合いが始まり、渡さんの自宅を訪問したこともあるといい「あれだけオーラのある方が、どんな生活してるんやろと思いますやん。庭にたき火をする場所を作っていて、1日ゆったりたく。どこが魅力なんですか?と聞くと、『1つとして同じ炎がない』と。だから1日ずっと座って見ていられるそうなんです」と、意外なプライベートを明かした。  葬儀・告別式は家族葬で、お別れの会などをしない方針であることにもうなずき「僕もコメントを依頼されたんですが、コメントはできないですね」と、心の中で追悼する意向を明かした。

【関連記事】