Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アウディのDTM撤退でプロトタイプレースに転向か「LMDhに興味がある」とWRT代表

配信

オートスポーツweb

 Wレーシングチーム(WRT)のビンセント・ボッセ代表は、アウディが2020年限りでDTMドイツ・ツーリングカー選手権を去ることを決めたことを受けて、ベルギーのチームが“LMDh”を将来のレースオプションのひとつに検討していることを明かし「興味がある」と述べた。 【写真】ピエトロ・フィッティパルディ駆る21号車アウディRS5 DTM  長年に渡ってアウディ陣営の一角としてGT3レースを戦うWRT。同チームは昨年、DTMに初挑戦し、ここでも他のアウディチームとともにRS5 DTMを走らせた。しかし4月27日に、ドイツメーカーが2021年以降のシリーズ参戦取りやめをアナウンスしたことで、プログラムの見直しを迫られることになった。  ボッセはEndurance-Infoのインタビューに対して、IMSAとACOフランス西部自動車クラブが合意した新しいグローバルプラットフォームとなるLMDhが、スパ24時間やニュルブルクリンク24時間、バサースト12時間などのGT3レースで多くの優勝を飾っているWRTにとって関心を抱かせるものだと語った。  しかし、数週間以内に予想されている同規定の技術的な詳細のアナウンスと、自動車メーカーの参加が明らかになるまで、WRTは正式にプログラムの移行ができないと強調した。 「以前からLMdh(の評価)に取り組んでいた」とボッセは説明する。 「もちろん、(レギュレーションの)完全な解決を待たなければならない。新しいプロトタイプカー規定は、実際にはGT3のコピーであり、成功すると考えるだけの充分な理由がある。ル・マン、デイトナ、セブリングでレースができる可能性があるのは素晴らしいことだ」 「このプラットフォームは、さまざまなメーカーにとって魅力だ。WRTも興味を持っている。しかし、その詳細を知るためには今は待つ必要があるんだ」  ボッセは2022年に登場する予定の新プラットフォームは、プラベーターチームが関与する点でGT3と同じように動きがとれるようになると考えている。これを裏付けるように多くのチームがLMDhを注視しており、その中にはWEC世界耐久選手権のLMP2クラスを戦うハイクラス・レーシングや、シグナテックも含まれる。   「これはIGTCインターコンチネンタルGTチャレンジに少し似ているが、LMDhではプロトタイプを使って世界中を回ることになるだろう」とボッセ。 「WRTのアイディアは、その中の主要レースでファクトリーサポート付きのクルマを走らせることだ」 「モータースポーツの将来は、自動車メーカーが100%出資するワークスプログラムに向かうよりも、ハイエンドのカスタマー間競争に向かう傾向にあると思う」 ■DTMへの参加を「後悔していない」  現在、GT3をメインカテゴリーとして戦うWRTだが、プロトタイプレースに参戦した経験も持っている。    2016年にELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズにスポット参戦した同チームは、ローレンス・ファントール、ドリス・ファントール、ウィル・スティーブンスを起用したリジェJS P2・ジャッドを走らせ、総合2位表彰台を獲得した。  しかしながら、プログラムを移行した場合でもWRTがGT3を犠牲にすることはないという。  ボッセは「DTMには非常に優れたチームがある」があると語り「このツールは素晴らしいものだ」と続けた。   「また、今日のGT3も素晴らしいものであり、SROによって非常によく管理されている。我々がたとえ別の方向に進んでも、GT3を放棄することはないだろう」  アウディがDTMから撤退することに関して、ボッセはシリーズに参加したことを後悔していないと述べた。  チームはルーキーイヤーとなった2019年、ジョナサン・アバディーンとピエトロ・フィッティパルディを起用してアウディRS5 DTMを走らたが、2年目に向けてはエド・ジョーンズ、ファビオ・シェラー、元Rモータースポーツのフェルディナンド・ハプスブルグの3名をレギュラードライバーに指名している。 「(アウディの撤退)決定に驚いたとは言えないが、そのタイミングには驚ろかされた」とボッセ。 「DTNに来て(このような)リスクがあることは分かっていた。私たちは日本のメーカーがDTMに参入したいわけではなく、また、アストンマーティンが正式にDTMに関与していないことを理解した」 「しかし、私はDTMに参入したことを少しの間も後悔していない。より良いノートを書き終えるために、今はより意欲的になっているんだ」 [オートスポーツweb ]

【関連記事】