Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

フェルナンド・トーレスが古巣下部組織のスタッフ入り、ライセンス取得に向けてとアトレティコが発表

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

昨シーズン途中までサガン鳥栖でプレーし、現役を引退した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス氏(36)が、古巣アトレティコ・マドリーの下部組織に加わることとなった。 【動画】ユーロ2008決勝 トーレスが決めた決勝ゴールをマルチアングルで 2018年7月にアトレティコから鳥栖へ加入したトーレス氏。日本では約1年間プレーし40試合に出場し7ゴール2アシストを記録していた。 2019年8月に鳥栖で現役を引退。その後はスペインへ戻り指導者のライセンス取得に動いていた。 そんな中、アトレティコはトーレス氏がカデーテA(U-16)のチームでコーチングスタッフに加わるとのこと。現在はコーチングライセンスを取得している最中であり、ライセンス取得に必要なインターンの一環として古巣で学ぶことになったようだ。 自身も育ったアトレティコのアカデミーで指導者キャリアに向けた第一歩を歩み出すトーレス氏は、アトレティコでは公式戦351試合に出場し121ゴール16アシストを記録。子供たちにゴールの奪い方を教えることになるだろう。

超WORLDサッカー!

【関連記事】