Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

宮澤ミシェルがCL決勝に見たバイエルンの強さ「なにより圧倒的だったのは、レバンドフスキだよ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第164回。 現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したこと、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点でサッカーシーンを語る――。 今回のテーマは、バイエルン・ミュンヘンについて。その強さを見せつけて、チャンピオンズリーグを制覇したバイエルン。その中でも、レバンドフスキのパフォーマンスは圧倒的だったと宮澤ミシェルは語った。 ***** やっぱり特殊な状況での試合になると、ドイツっていうのは強さを発揮するよね。 新型コロナウイルスの影響で異例のシーズンとなった2019-2020の締めくくりとなったチャンピオンズリーグは、バイエルン・ミュンヘンが決勝でパリ/サンジェルマンを1-0で下して7年ぶりに優勝した。 2012-2013シーズン以来の三冠達成もすごいことだけど、グループリーグから決勝戦までの11試合で1度も負けなかったんだから、バイエルンは王者に相応しいチームだったということだよな。 PSGはクラブ創立50周年でのCL優勝という悲願達成まであと一歩に迫ったけれど、一発勝負やトーナメント戦で見せるドイツ勢の強さの前に屈してしまったな。 このレベルの戦いで"タラ・レバ"を言い出したらキリはないけど、前半の決定的なシーンで1本でも決まっていたら、勝負は違う展開になっていたと思っちゃうよ。 前半18分にGKマヌエル・ノイアーに防がれたネイマールのシュートも惜しかったし、前半24分のアンヘル・ディマリアが右足で打ったシュート。あれが枠内に飛んでいたらとか、左足で打てていたらとかって思っちゃうよ。 ただ、やっぱりバイエルンが強かった。なにより圧倒的だったのは、ロベルト・レバンドフスキだよな。あの存在感。決勝ではゴールこそなかったけど、PSGの守備陣を苦しめていたね。 味方がボールを持ったときの動き出しの回数とクオリティーは、『世界最高の9番』と言われるのがよくわかる。ちょっと目を離したらゴール前のポジション取りでやられちゃう。それで勝負ありだから、レバンドフスキをマークするCBにしたら、たまったもんじゃないよ。 トップ下のトーマス・ミュラーがピッチを自在に走り回って存在感を発揮できるのも、最前線にはCL10試合で15得点6アシストを記録するストライカーが構えていることも大きい。ボールを奪って最前線に送れば、誰よりもゴールを決めるのが上手いストライカーがいるんだもの。 決勝ゴールのシーンだって、右サイドからの入ってきたボールを、左サイドで先発起用されたコマンが決めたけど、ゴール前中央にレバンドフスキがいたことが大きかった。PSGのCBにしろ、GKにしろ、意識はやっぱりレバンドフスキに向かっちゃったよな。

【関連記事】