Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ホンダ「スーパーカブ C125」を女性ライダーはどう見る? 木川田ステラの試乗インプレ

配信

webオートバイ

決まった道を通るより寄り道しながら走りたい

スーパーカブというと、私にしてみればどうも、オジサマたちのお仕事のパートナー、というイメージ。 ホンダ「スーパーカブ C125」×木川田ステラの写真をもっと見る! けれど、目の前にあるC125は、そのオジサマを思わせるカラーリングなんですが、優しい色合いで、不思議と地味さを感じませんでしたね。 どこか懐かしい、ひと目ですぐに愛着がわくような、そんな素敵なデザインだと思いました。クラシックなスタイリングなのに、LEDのヘッドライトやウィンカー、キーレスエントリーやデジタルメーターを採用していることもあって、新しさとクラシックさを、上手にミックスしているなぁ。 オートバイにこんな表現を使うのはおかしいかもしれないけど、カッコいいでも、キレイでもない、可愛いんです。昔からスーパーカブを知っている人は懐かしいと思うだろうし、そんなに予備知識を持っていない私みたいな人は、可愛いって思うはず。そんな印象なんです、C125は。 またがってみると、ハンドルとステップ位置がちょうどよくて、ラクな姿勢で乗ることができます。クラッチレバーのないシフトチェンジは慣れればとてもラクで、ほぼオートマのような乗り方もできるし、シフトアップポイントもわかりやすい。 走ってきて、4速のまま信号待ちしてしまうことがあったんですが、それでも停車中は前に踏み込むだけでニュートラルに入るので、リカバリーも早くて助かりました。いま何速に入っているかがわかるギアポジション表示が、すごく助かりますね。 エンジンは、回転を上げるほどグッと力が出るようなタイプで、回転を上げなくてもトルクがあって、スムーズに走れました。エンジンブレーキも強めで、自分のアクセルワークで、のんびり走るのも、キビキビ走るのも自由。いろんな乗り方ができるバイクだな、って感じです。 サスペンションは柔らかすぎず、硬すぎずですが、シートが広々として柔らかいので、お尻も痛くならないし、腰に負担もかかりませんでした。 車体が軽いし、ハンドル角も切れるので、細い道やちょっとしたダートにも踏み入って行けますね。C125は、いつも決まった道を走るというより、いろんなとこにちょこちょこ寄り道しながら走るのが楽しいです。 可愛いスーパーカブ、けれど可愛いだけじゃない、いろんな乗り方ができる奥の深さも感じられました。スーパーカブは女性ライダーも多いと聞きます。なんだかそれが、よくわかったような気がしました。

木川田ステラ

【関連記事】