Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ホリエモンの移動」がお金になるのはなぜ? キンコン西野が考える“自分の商品”の見つけ方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
新R25

自分を再検査して「誰かを助けられるもの」を探してみよう

自分しか持っていないものを売り出すと、必ず批判が起こります。 たとえば「一定の支持を集めている人の移動」というのは、商品になるでしょう。 ホリエモンは、お金を払ってタクシーに乗っていますが「お金を払ってでもホリエモンを送迎したい人」だって結構いるはずです。 車中でホリエモンとマンツーマンで会話したり、その流れで会社についてコンサルを受けたりできるかもしれないので、「ホリエモンの移動」はめちゃくちゃ高く売れると思います。 ただ、それをやると、「信者から搾取をしている!」とか面倒なことを言われることもありますよね。 値段がついていないものに値段をつけるのは、それなりのリクスを伴うのです。 ただ、ものを売ることの本質は「困っている誰かを助ける」ことなので、もし自分にしか売れない商品があるのなら、ためらわずに値段をつけてみることをオススメします。 まずは自分を再検査して、見落としている価値を探してみてください。

【関連記事】

最終更新:
新R25