Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【#プロレス今日は何の日】1991年5・11 RINGS旗揚げ戦 横浜アリーナ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バトル・ニュース

【#プロレス今日は何の日】 1991年5月11日 RINGS 横浜アリーナ大会 ファイティングネットワークRINGS旗揚げ戦! この前日には高田延彦がUWFインターナショナルを旗揚げしており、まさかの2日連続でUWF系団体の旗揚げとなりました。 様々なすれ違いから1990年に第二次UWFは解散となり、その後は高田延彦がUWFインターナショナル、藤原喜明が新UWF藤原組(後のプロフェッショナルレスリング藤原組)を、そして前田日明がRINGSを創設するという時代背景でしたが、RINGSには他と違った特徴がありました。 旗揚げ時の所属選手は前田一人でしたが、当時開局間近だった衛星放送『WOWOW』と放映契約を交わし、豊富な資金を獲得。 さらに“ファイティングネットワーク構想”と呼ばれるプランを実行。世界中の国々にRINGSの道場を開設して現地で選手を育成し、日本のリングに上げることで経験を積ませて世界中で格闘技を発展させていこうとするもので、前田本人も各国の道場を視察。 結果的にRINGSの解散までに10カ国が加盟し、そこから前田がヴォルク・ハン、エメリヤーエンコ・ヒョードル、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラら日本の総合格闘技ブームを支えた名選手たちを発掘することになりました。 RINGSと提携した空手団体『正道会館』が後に格闘技イベントである『K-1』の母体になったことからも、日本の格闘技界に大きな影響を与えた団体であったと言えます。 外国人選手の参戦が多かったRINGSですが、この日のメインイベントでは前田とディック・フライが対戦! UWF時代から日本で戦っていたディック・フライは、RINGSでも前田と何度も名勝負を展開することとなります。 期待が最高まで高まった中で激しいにらみ合いからバチバチとした打撃戦!大満足の試合でした! 旗揚げ戦の解説は柴田惣一さん、ゲストに景山民夫さんという布陣もイイじゃないですか! 私、92年からは同じクラスの陸上部の友達のお兄さんのお友達からWOWOWの放送を録画したビデオをずっと貸してもらっていました。あの時は赤の他人のために手配していただいて、改めてありがとうございました! 今日もプロレス最高っ!

【関連記事】