Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

海外勢の米債保有、4カ月ぶり減少 日本がトップ維持

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ロイター

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米財務省が16日発表した8月の対米証券投資統計によると、海外投資家による米国債保有額は4カ月ぶりに減少した。 海外投資家の米国債保有額は、前月の7兆0970億ドルから7兆0830億ドルに減った。 米国を除く二大米債保有国である日本と中国は、8月の保有高がそれぞれ1兆2780億ドルと1兆0680億ドルに減少した。日本のトップは変わらなかったが、中国の保有高は3カ月連続で減少し、2017年2月以来の低水準となった。 BMOキャピタル(ニューヨーク)の金利ストラテジスト、ベン・ジェフェリー氏は「日本と中国の保有高は減少したが、ポジションのメンテナンスが行われていることを示す規模でしかない」とし、「数字は大きいが、広範なマクロ面で何も変わらない」と述べた。 海外投資家による米財務省証券投資は330億6000万ドルの売り越し。前月は227億9000万ドルの売り越しだった。 海外投資家による米国株投資は265億7000万ドルの買い越し。前月は164億9000万ドルの買い越しだった。 買い越しは4カ月連続。 海外投資家による米長期有価証券投資は278億ドルの買い越し。 *内容を追加しました。

【関連記事】