Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

豪華ゲストずらり!『コンフィデンスマンJP プリンセス編』キャストに注目

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
シネマトゥデイ

 長澤まさみが主演を務める人気シリーズ劇場版の第2弾『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が公開された。キャストには前作に続き、豪華なゲスト俳優がずらりと集まった。 【写真】三浦春馬さんも出演

 長澤、東出昌大、小日向文世の3人が信用詐欺師トリオ、ダー子、ボクちゃん、リチャードにふんする『コンフィデンスマンJP』シリーズ。本作では、世界有数の大富豪フウ家の当主レイモンド・フウが亡くなったことをきっかけに、10兆円ともいわれる遺産を狙い、世界中から詐欺師たちが“伝説の島”ランカウイ島に大集合。ダー子たちもフウ家に入り込み、大胆なコンゲーム(だまし合い)を仕掛ける。

 遺産をめぐり、火花を散らすフウ家の3姉弟、ブリジット、クリストファー、アンドリュウ役には、日本映画20年ぶり出演となるビビアン・スー、朝ドラ「エール」の“ミュージックティーチャー”こと古川雄大、話題のドラマ「M 愛すべき人がいて」にも出演した GENERATIONS from EXILE TRIBE の白濱亜嵐の3人。レイモンド・フウ役は北大路欣也が務め、フウ家の執事トニーには『さらば あぶない刑事』以来4年ぶり映画出演となった柴田恭兵がふんした。

 さらに、前作“プリンス編”の最重要キーマンであり、ダー子の敬愛する詐欺師であるスタア役で竹内結子、前作でダー子の前に立ちふさがった天才恋愛詐欺師ジェシー役で三浦春馬さん、SPドラマ「運勢編」でリチャードをだましかけたハニートラッパー・波子役で広末涼子、ドラマの第1話と“ロマンス編”に登場したダー子たちの宿敵・赤星栄介役で江口洋介が再出演。悪徳美術商・城ケ崎善三役の石黒賢、ダー子の“子猫”鈴木さん役の前田敦子、悪徳芸能プロモーターであるホー・ナムシェン役の生瀬勝久らシリーズおなじみの面々も勢ぞろいした。  そして、フウ家の遺産争いに巻き込まれるホテルの支配人役で滝藤賢一、謎の画家ユージーン役で濱田岳、悪徳詐欺師ヤマンバ役で濱田マリ、元某国大統領夫人役でデヴィ・スカルノも参戦。さらに豪華さを増した『コンフィデンスマンJP』に注目だ。(編集部・中山雄一朗)

【関連記事】