Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

なぜ私は営業自粛に抗するのか 「同調圧力」に咆えた大阪のバー店主

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、行政から求められている飲食店などの営業自粛。感染防止の意義は理解しながらも、自粛を一方的に求める社会の空気に居心地の悪さを感じる事業者は少なくない。異論を唱えにくい雰囲気が強まる中、「同調圧力による自粛には応じない」と明言し、一貫して営業を続けている大阪市のバーに興味を持ち、訪れてみた。(共同通信大阪社会部=武田惇志)  ▽市民の中に形づくられる同調圧力  大阪市西淀川区の閑静な住宅街に位置するバー「The Intersection」。引き戸を引いて店内に入ると、周囲の雰囲気とは異質な、紫色に妖しく光る人工的な照明が目に付いた。壁面の近未来的な幾何学模様が印象的だ。他に客の姿はなく、店主の松山孝法(まつやま・たかのり)さん(32)が笑顔で迎えてくれた。  店は昨年4月にオープンしたという。東京でサラリーマン生活を数年した後、脱サラして地元の関西に舞い戻った。席は10席で、奥に3~4人が囲める立ち飲み席がある。満席になることは滅多にないようで、この日は外国人女性が一人で来店し、閉店まで静かにカクテルを飲んでいた。「もちろん、感染拡大を助長したいわけではないですよ。目に見えないウイルスを恐れる気持ちは理解できる。でもね」と松山さんは切り出した。

 「『補償するから休業してほしい』とお願いするのが本来の順序なのに、行政はそうしなかった。市民同士の中で作られる無言の圧力に頼って、営業自粛をさせようとしたんじゃないかって思うんですよ」。営業を続ける理由を尋ねると、持論を展開しだした。  府が休業要請を出した4月14日、インターネット上で応じない旨を表明した。酒類の提供は午後7時、営業は8時までと求められているが、11時まで店を開け続けている。  不満があっても意見を言いにくい雰囲気を感じ、あえてネット上に自らをさらしたという。「自己中心的だ」などと批判も受けたが「共感した」と好意的な反応も多かった。  ▽相次ぐ通報「まるで犯罪者扱い」  府のコールセンターには「あの店が営業している」などと、行政の方針に従わない店を狙い打ちしたような市民からの通報が相次ぐ。「何の法も犯していないのに、まるで犯罪者扱い。それなら集まる客の方だって問題視されるべきでは?」と反発する松山さんは、クラブ、パチンコ、映画館など特定の業種だけが休業を求められた点についても「恣意(しい)的でしょう」と納得がいかない様子だ。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS