Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

武中進が卓内トップで降級圏脱出「残留が現実的なところになった」/麻雀・雀王戦A1リーグ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 麻雀プロ団体の1つ、日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル「雀王」への挑戦権を争う雀王戦A1リーグ第9節が9月3日に行われ、放送卓(5人打ち)で、武中進が卓内トップを取った。 【動画】武中が危機脱する卓内トップ  直近2節で、それぞれマイナス100ポイント以上を叩いてしまい、降級圏内で苦しんでいた武中は、自身1戦目で2着とまずまずのスタートを切ったものの、続く2戦目では痛恨のラス。さらに苦境に立たされたがここから踏ん張ると、3戦目で起死回生のトップ、4戦目もトップと2連勝締めで、結果的には卓内トップで激動の一日を終えた。トータル順位でも暫定ながら10位と降級圏脱出に成功。「前半は苦しい展開でしたが後半巻き返して残留が現実的なところになりました。最終節で最終戦が打てない下位3名を回避できたと思うので、それがなおさらありがたいです」と、一安心といったところだった。 【試合結果】 1位 武中進 +89.0 2位 西村雄一郎 +76.0 3位 渋川難波 +9.2 4位 松本吉弘 ▲75.0 5位 吉田基成 ▲99.2  ◆雀王 日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル。1年をかけてリーグ戦を行う。最上位のA1リーグ(15人)は全10節を戦い、上位3人が決定戦に進出。前年度優勝の雀王を含めた4人で争う。決定戦は4日に分けて、半荘20回戦を行う。  ◆日本プロ麻雀協会 2001年に設立。主なタイトル戦は雀王、雀竜位、女流雀王、日本オープンなど。五十嵐毅代表理事。

【関連記事】