Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本ハム 新球場に込められた挑戦「コミュニティ形成に寄与する球場へ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポチュニティコラム

2018年、北海道日本ハムファイターズは北広島市に新球場を建設することを発表した。23年3月のオープンに向け、今年4月から建設が行われている。 面積は約5万平方メートルで収容人数は35000人。札幌駅から最寄り駅の北広島駅まで電車で16分程のエリアに32ヘクタール(32万平方メートル)規模の新たなボールパークが創られる。 検討開始から5年以上に亘る壮大なプロジェクトの裏には、従来の球場建設の常識を超えた新たな挑戦がある。今回から「ESCON FIELD HOKKAIDO」「HOKKAIDO BALL PARK F:VILLAGE」の2回に渡ってお送りする。 株式会社ファイターズ スポーツ&エンターテインメントの小川太郎氏にボールパーク建設に至った経緯やプロジェクトへの想いなどお話を伺った。(写真は全て球団提供)

球団と球場の一体運営

18年11月5日、新たなボールパークが北海道・北広島市に建設されることが発表された。 チームは04年に本拠地を東京から北海道に移し、新たな球団として誕生。北海道に根ざす球団として『Sports Community』を企業理念に掲げている。 17年目を迎える今もそれは変わらず、組織の根底に持っている。今回のプロジェクトもその延長線上にあり、先を見据えたものであるという。15年頃に球団内でチームが立ち上がり、新球場について検討が始まった。 「事業の規模や組織の人員も16年の間で3倍程に拡大しました。球団経営の視点から見て、我々のレベルをさらに上げていくためにも球団と球場が一体となって運営したいと考えていました」 球団と球場の一体型運営。近年、スポーツ界の新たなビジネスモデルとしてプロ野球の球団が取り組み始めている。球場と一体になることで、経営面以外にもメリットがあると考えている。 「ファシリティ(球場設備)をより良くすることで飲食や観戦環境をさらに向上できると考えています。北海道らしいサービスやよりよい環境を提供するために実現できるようなことを検討してきましょうという発想です」

【関連記事】