Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

雨宮天「アニサマは『これをやんなきゃ、夏終われないよね!』という“お祭り”です!」<アニサマ2020 SPインタビュー>

配信

ザテレビジョン

【2020年5月28日追記】8月28日・29日・30日(日)に開催を予定していた「Animelo Summer Live 2020 -COLORS-」は、新型コロナウイルスの日本国内での感染の状況を鑑み、開催延期が決定しました。詳細は公式サイト、公式Twitterをご覧ください 【写真を見る】アニサマ2020テーマソング「なんてカラフルな世界!」のレコーディング裏話も披露! 2020年8月28日(金)・29日(土)・30日(日)の3日間にわたり、さいたまスーパーアリーナにて開催される「Animelo Summer Live 2020 -COLORS-」。「アニサマ」の愛称で知られる本イベントは、2005年の初開催以来、ファンの注目を集めるアニメソングの祭典。2019年開催の「Animelo Summer Live 2019 -STORY-」では、3日間で8万人を超える動員を記録した。 16回目の開催となる今回は、“COLORS(カラーズ)”をテーマに、ファンとアーティスト、さまざまな個性とその思いが交差する色彩豊かなステージが繰り広げられる。 今回ザテレビジョンでは、8月30日(日)の公演に出演する雨宮天にインタビューを実施。ソロアーティストとして初めてアニサマ出演が発表された彼女に、ステージにまつわる思い出やアニサマに懸ける思いを語ってもらった。 ■ 「ソロとして出演が発表されて、『アニサマの仲間に入れた!』という気持ちがします」 ――まず、「Animelo Summer Live 2020 -COLORS-」への出演が決まったときのお気持ちを聞かせてください。 雨宮天:アニサマには、これまで何度も出演させていただいていたのですが、ソロとして出演が発表されたのは今回が初めてなので、一人であの大きなステージに立たせていただけるということが、とてもうれしかったです。 ――2018年の「Animelo Summer Live 2018 “OK!” 」には、サプライズゲストとしてソロで出演されましたが、当時の心境はいかがでしたか? 雨宮:出演者としては発表されず、サプライズゲストとしての出演だったので、言ってしまえば私の出演を待っているお客さんがいない状況でした。やはり「本当に大丈夫かな?」という不安とドキドキ感の方が大きかったです。 今回は“雨宮天”として、初めて出演者として発表されたので、「仲間に入れた!」という気持ちがしますね。 ■ 「ソロのステージでは、歌う曲の主人公になりきって曲の世界観を表現したいんです」 ――雨宮さんはこれまで、ユニットやグループとしてアニサマに出演されてきました。ソロのライブと比べて、パフォーマンスやステージに臨む気持ちに何か違いはあるのでしょうか? 雨宮天:ユニットとしてのライブでは、ひたすら自分が楽しんで、その“楽しい!”という気持ちを聴いているみなさんにも伝えて楽しんでいただく、というイメージのパフォーマンスを心掛けています。 ソロのライブでは、歌っている曲や、その曲に込めた思いを届けようという気持ちが強いですね。ソロでのステージって、一言で語れることでもないのですが、私は、歌う曲の主人公になりきって曲の世界観を表現したい、という思いがあるんです。でも「じゃあその曲に対して、どうアプローチしていけばいいんだろう」となったときに、自分の実力の足らなさだったり、自分自身と向き合うことがすごく多くて。ライブをやるたびに、「あれも足りないな、まだまだだな」と、いろいろな反省点が見つかっていくので…。悩みはずっと尽きないですね。 ――そんな雨宮さんのライブをアニサマで初めて見るという方もいらっしゃるかと思います。ご自身のライブパフォーマンスで注目してほしいポイントはありますか? 雨宮:先ほどもお話ししたように、「曲の主人公になりきって楽曲を表現しよう」という思いでいつもレコーディングをやらせていただいていて、その気持ちはライブでも同じなんです。 声優として、いろいろなキャラクターと向き合って、いろいろなキャラクターの個性をしっかり立てて演じようと心掛けてきましたが、それと同じくらいの気持ちで、私はこれまでいろいろな楽曲に挑戦させていただいてきました。ですから、ライブではぜひ、楽曲ごとの歌い方や表現の違い、表情の違いなど、細かいところまで注目してほしいです。 ――2018年のアニサマのパフォーマンスでは、スカートの裾が大きく広がったドレスで登場されましたね。あの衣装もとても印象的でした。 雨宮:サプライズで登場させていただいたときに、「あんなド派手なことやっていいんだ!」と思いました(笑)。 今回は、具体的にはまだまだ決めていないんですが、私の中でアニサマといえば“お祭り”というイメージなので、できればド派手にいきたいです! ――では、アニサマの魅力を一言で表すとしたら? 雨宮:夏の最後を彩る“お祭り”です。「アニサマをやんなきゃ、夏終われないよね!」という存在ですね、アニサマは。 ■ 「テーマソングは、『優しく柔らかく』『かわいく、いたずらっぽく』と、いろいろなパターンで歌わせていただきました」 ――また雨宮さんは、「アニサマ2020」のテーマソング「なんてカラフルな世界!」にも、歌唱アーティストの一人として参加されています。この曲のレコーディングはいかがでしたか? 雨宮天:すごく緊張しました! 齋藤(光二)プロデューサーのディレクションを受けながら歌わせていただくのも初めてだったので、期待もありましたが、「ビシバシ言われちゃったらどうしよう!?」と心配な気持ちもありました(笑)。 やはり、アニサマに出演されるのは素晴らしい方々ばかりなので、その中で「自分の歌がこのアーティストの方々の中に混ざるんだ」と思うと、とても緊張しましたね。 でも、今回は大石昌良さんが楽曲制作をしてくださった、楽しくてまさに“お祭り騒ぎ”な楽曲なので、歌っているうちにどんどん楽しくなっていきました。 ――レコーディングでは、実際どのようなディレクションがあったのでしょうか。 雨宮:今回のテーマソングでは、「優しく柔らかく」や「かわいく、いたずらっぽく」という感じで、いろいろなパターンで歌の収録を行わせていただきました。 その中で、齋藤プロデューサーからは、具体的な歌い方の指示というよりは、「野球部のマネジャーが応援する感じで」という“キャラ作り”のディレクションをいただけたので、私としては声優業とリンクする部分もあって、すごく分かりやすかったです。 ――ミュージックビデオの撮影にも参加されたそうですね。 雨宮:すごく楽しい撮影でした。今回の撮影にあたって、過去の映像を見させていただいたのですが、みなさんの楽しそうな表情がとても印象的で魅力的だったので、私もそのイメージで撮影に参加させていただきました。 ――では最後に、「Animelo Summer Live 2020 -COLORS-」の開催を心待ちにしているファンの方々へ、メッセージをお願いします。 雨宮:今回、初めて“雨宮天”として出演が発表されてプレッシャーや緊張もありますが、アニサマは、夏の最後に悔いを残さないためのライブイベントだと思っています。 アニサマにしかない空間、景色、いろいろなものをめいっぱい楽しみたいと思いますので、みなさんもぜひ一緒に楽しんで、そして応援していただけるとうれしいです。 (ザテレビジョン)

【関連記事】