Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

いよいよ開幕を迎えるプロ野球。カープのエース・大瀬良大地と主砲・鈴木誠也の思い

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
広島アスリートマガジン

 プロ野球は今日19日、約3カ月遅れでいよいよ開幕を迎える。佐々岡真司監督にとって監督初年度のシーズン、『一体感』をテーマにV奪回を目指していく。    新指揮官は就任時、「今のチームは投手では大瀬良(大地)、野手では(鈴木)誠也が投打の軸となっています。その他の選手もいる中で彼らには、そういう役目として期待しています」と語ったように、大瀬良大地と鈴木誠也を軸にここまでチームづくりを進めてきた。 【写真】お立ち台の大瀬良投手へ、豪快に水を掛けるのは・・・  初陣となる佐々岡カープの開幕マウンドを託されたのは、2年連続で開幕投手を務めるエース・大瀬良。大瀬良に全幅の信頼を寄せる指揮官はキャンプ前、早々に開幕投手を言い伝えていた。  一度は3月20日に向けて心と体をピークに持っていっただけに、例年よりも難しい調整を余儀なくされた大瀬良。しかし開幕延期からの3カ月間は「今できることをとにかく精一杯やろうという気持ちでした」と、連日気持ちを切らすことなく、慎重に調整を続けてきた。 「無観客でのオープン戦、練習試合は初めての経験でしたけど、やはり不思議な感じでした。モチベーション、気持ちの上がり方を考えると、たくさんのファンのみなさんがいる中で投げるよりも気持ち的に難しい部分もありました。改めてファンのみなさんの力、応援のありがたさをすごくマウンド上で感じました」  6月に練習試合再開後は2試合に登板し、5日のオリックス戦で4回無失点、12日のソフトバンク戦では6回3失点。無観客という状況に違和感を感じながらも、開幕に向けて順調に仕上げてきた。昨季開幕戦では丸佳浩から4奪三振を奪い、見事に勝利投手となった。今日も昨年のような投球で、佐々岡新監督に初勝利をプレゼントしたいところだ。

 一方、今季も不動の4番打者として打線の鍵を握るのが鈴木誠也だ。「今年はあきらめた部分もあったので、この2カ月間は普通にオフという感覚でトレーニングをしていました。でも決まれば『しっかり開幕に向かってやろう』という気持ちになりました。開幕が決まってくれて本当に良かったと思います」と、6月19日に開幕決定したことを受け、素直に喜びを口にしていた。  開幕延期が決まってからの3カ月間、当然ながら初めて経験する野球ができない状況でも、鈴木はポジティブな考えで割り切って練習を重ねてきた。 「今後、たぶん経験するかどうか分からないような出来事が起こって、1勤1休だったり、班が別れて練習をしたりだとか、いろんな経験ができたのは良かったと思います。しっかりと練習もできましたし、野球ができない辛さというのも感じました。逆にそういうことを感じられて良かったとも思います」  練習試合が再開されると、6日のオリックス戦で本塁打、10日の阪神戦では3安打と、周囲から見た鈴木は至って順調なものだった。昨季までとは打順が変わった新打線の中で鈴木は不動の4番として、少しずつ試合勘を取り戻しながら開幕に備えてきた。    困難を乗り越えて迎えることになる待望の2020年シーズン開幕は、前例のない無観客試合となる。 「1日でも早く球場でファンのみなさんにお会いしたいです。そのために、みんなで力を合わせて我慢して頑張っていきたいです」と大瀬良が話せば、「この状況が続く訳ではないと思うので、またお客さんが球場に来てくれたときにもっと活気あるプレーができるよう、頑張りたいと思います」と意気込む鈴木。  開幕を待ちわびていたモニター越しの大勢のファンに勝利を届けるため、カープのエースと4番が強い思いを胸に、開幕のグラウンドに立つ。

【関連記事】