Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

進化! シマノの最新ロックフィッシュ用ロッド「ハードロッカーXR」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ルアマガ+

スタイルやターゲットは違えど、日本全国の海で楽しむことのできるカサゴやハタ、ソイなどを狙ったロックフィッシュゲームは、日々進化しているといっても過言では無いでしょう。 折本さんがグルーパーゲームを解説! そしてそれに合わせて、ロッドも同様に進化しているんです。 シマノが新たにリリースするロッド「ハードロッカーXR」がまさしくそれを体現していました!

ハードロッカーXR

北はソイやアイナメ、南ならグルーパーと、地方色豊かなロックフィッシュゲームは、現在進行系で深められ、先鋭化が進んでいます。 そんなロックフィッシュゲームに完全対応させたロッドがシマノの「ハードロッカーXR」です。 その証拠に、ラインナップされている10機種はこれまにリリースされている「ハードロッカー」、「ハードロッカーBB」とは異なる尖ったセッティングになているんです!

もちろん、採用されている技術もシマノの最先端!

曲げ、ネジレ、つぶれとあらゆる方向からの負荷にも負けない高強度化を実現したスパイラルXコア 軽くてトラブルレスなシマノオリジナルXガイド 独自デザインで握りやすさやパワー伝達力にこだわったパーフェクションシートXT と惜しみもなく導入! つまり強く、軽く、高感度で投げやすさも向上しているんです!! シマノの本気度合いが伺えますよね。

折本隆由さんがオススメ! 尖ったハードロッカーXRを象徴する5本

そんなハードローッカーXRを誰よりも早く実釣で使用してその特徴を熟知している折本隆由さんに、これまでとは違うというのがよく分かるロッドを紹介していただきました!

折本隆由

ロックフィッシュゲームを中心に、あらゆる釣りに造詣が深いマルチアングラー。素敵な笑顔と明るいキャラクターが印象的だが、釣りに対する姿勢は非常にストイックで思慮深い。シマノのフィッシングインストラクター。

折本「XRは全国各地で多様化しているロックフィッシュゲームそれぞれに特化したようなモデルが揃っているんです! 例えば、スピニングでは長尺の9ft代のロッドをラインナップしています」 S90H+とS910Hですね。 折本「それらは東北や北海道で盛んなショアからのロックフィッシュ大会などで最近話題のロングロッドの優位性である遠投性と操作性を突き詰め、それでいて操作性の高さをスポイルしないセッティングになっていますよ。」 一方で、同じスピニングでもS72Lなんかはかなりフィネスな番手ですよね。 折本「まさしくフィネススペシャルですね。ですが50cmを超えるオオモンハタでもしっかりとキャッチできてますよ。さすがにティップとベリーはズドンと曲がりますが、バッドがしっかりと仕事をしてくれるので、主導権を握ったままでファイトが出来ます。同様にフィネスロッドな感覚で使えるXRのオモシロイ番手がB68M-S/BOATですね」 名前にもある通り、ボートロック用のロッドですよね。 折本「そうなんです。ボートロックに特化させてみました。ソリッドティップを搭載しているので、ティップとベリーでメリハリのあるロッドに仕上がっています。また、バーティカルな展開をメインにしているので、スパイラルガイドを採用しているのも特徴ですね。20g前後のルアーに幅広く対応しているので、自分も使用頻度が高いですよ」 岸からのロックフィッシュだといかがですか? 折本「自分がよく使っているのはS83MHとかですかね。ハード・ソフトと問わず様々なルアーが使えるし、操作性を邪魔しない適度な長さがありがたいです。長すぎると風にあおられて操作がままならなかったり、縦方向のロッドさばきがやりにくかったりしますからね」

もちろん、その他のラインナップも珠玉のモデルが勢揃い!

折本さんが紹介してくれた以外にも、ハードロッカーXRには魅力的なラインナップが盛りだくさん! ロックフィッシュゲームをより突き詰めたいならハードロッカーXRを手にしてみるのはいかが? ※ロックフィッシュたちは成長が遅いと言われており、乱獲による個体数の現象が懸念されています。小さい個体のリリースや、多すぎる持ち帰りに注意しましょう。

ルアマガ+編集部

【関連記事】