Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アニメ「呪術廻戦」の追加情報発表に「MAPPAは天才の選択」「諏訪部さんハマり役すぎる」などさまざまな声

配信

ねとらぼ

 5月20日、『週刊少年ジャンプ』で連載中の芥見下々さんのマンガ『呪術廻戦』のアニメが10月から放送されることが発表され、話題となっています。 【画像:新規公開ショット(6枚)】  今回の発表で、制作会社がMAPPAであることや、MBS/TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム”で放送されることなどが発表され、さらにPV第1弾も公開されました。また、追加キャストとして両面宿儺(りょうめんすくな)役に諏訪部順一さんが抜擢され、『呪術廻戦』とともにトレンド入りを果たしました。  同作品は2019年11月25日発売の『週刊少年ジャンプ』でアニメ化ならびにメインキャラクターのキャストが発表されており、ファン垂涎の新情報となりました。  今回は新情報公開後、ネット上ではどのような反応があったのかをまとめていきます。

●「呪術廻戦」アニメ化、ネット上の反応は?

 SNS分析ツールを使用し「呪術廻戦」を含むツイートを解析したところ、95.2%がポジティブな反応であると分類されました。  続いて、トレンド件数を見てみると、追加情報が発表された12時以降に大きな盛り上がりを見せており、その後も多くツイートされています。

●「楽しみすぎて吐きそう」諏訪部順一さん発表に歓喜の声

 諏訪部順一さんが声を担当する両面宿儺は、主人公・虎杖悠仁の身体に宿ってしまった呪いの王です。その呪いの王のセリフが諏訪部順一さんの声になるという情報に、「楽しみすぎて吐きそう」や「諏訪部さんはまり役すぎ」といった声が見られました。  諏訪部順一さんと言えば、「テニスの王子様」の跡部景吾や、「黒子のバスケ」の青峰大輝など、ジャンプアニメでも多く活躍しており、Twitterでは「諏訪部順一さんってジャンプキャラに欠かせない声優さんになりましたね」という意見も見られました。  ある“呪い”と両面宿儺がゲラゲラ笑うシーンがあるんですが、それが今から楽しみです!

●「MAPPAなので呪術廻戦は勝利」

 マンガのアニメ化でファンが注目する点の1つに「制作会社」があると思います。呪術廻戦の制作会社として発表されたMAPPAは過去に「ユーリ!!! on ICE」や「BANANA FISH」「ゾンビランドサガ」など人気アニメを担当しています。  ネット上では「MAPPA、総じてクオリティ高いアニメしかないので呪術廻戦は勝ちです」や「MAPPAは天才の選択」など、アニメへの期待度が上がっている様子が見てとれました。領域展開早く見たい!!!  グロい描写や繊細な表現もある『呪術廻戦』なので、「いぬやしき」や「どろろ」、「ドロヘドロ」といった実績のある制作会社に決定して、喜んでいる人も多く見られました。

【関連記事】