Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「プロ野球選手にはなれなかったけど……」甲子園優勝からの方向転換 奥村翔馬さんのセカンドキャリア

配信

withnews

才能に恵まれ、子ども時代に抱いた夢を追いかけてきた人ほど、別の道に進む決断には難しさが伴います。夏の甲子園で優勝経験のある奥村翔馬さん(29)は、幼い頃からプロ野球選手になることを信じて疑いませんでした。順調にキャリアを積み重ねた実業団時代、情熱が「プツン」と切れます。会社も辞め無職になった時、思い出したのが幼い頃にみたイチロー選手の姿でした。「野球は目的ではなく手段だった」。アスリートのセカンドキャリアとして、新しい目標に気づくまでの道のりを聞きました。(ライター・小野ヒデコ) 【画像】セカンドキャリアを導いたオリックス時代のイチロー、髪形が懐かしい……松坂とのツーショットも

プロ野球の試合会場での「歓声」に衝撃

<受け身で始めたソフトボール。小3でプロ野球選手を目指すようになる> 小1から小6まで地元のソフトボールの少年団に入っていました。始めたきっかけは、仲の良い幼なじみにソフトボールの体験会に誘われたからです。 週5、1日3から4時間で練習する強豪でしたが、受け身で始めたため、特に目標もなくソフトボールを「こなして」いる感じでした。転機は小3の時、訪れました。 父親にプロ野球の試合に連れていかれ、当時のダイエー・ホークスとオリックス・ブルーウェーブの試合を見たんです。試合中、イチロー選手がバッターとして出てきた時、満席の福岡ドームにものすごい歓声があがったんです。 衝撃的でした。出場しただけでこれだけ観客を興奮させ、ワクワクさせる人がいることを知り、「僕もこうなりたい」と強く思ったんです。 そこから将来の夢はプロ野球選手になり、一転して積極的に練習するようになりました。

練習メニューを自分で考案し、実践

<高3の夏、甲子園で優勝。優勝した時の記憶は今でも鮮明に残っている> 高校は野球推薦で全国屈指の強豪校である大阪桐蔭高校へ進学しました。ポジションはピッチャーです。まわりは野球推薦で入学してきたエースばかり。仲間というよりライバルでしたね。 個人練習は自分で目標を立てて練習メニューを組む方式だったので、その時の体調や課題を考えて、自分なりにベストなメニューを考案し実践していました。この時から自然とPDCAサイクルを回す癖が身についたのだと思います。 高校2年の時、選抜大会(第79回選抜高等学校野球大会)では、外野手としてスタメン出場しました。甲子園球場は作りが独特なんですよね。観客席が高い位置にあるのでマウンドに立つと、360度から見下ろされている感覚になりました。興奮しましたね。 初打席は3塁線を抜く二塁打となりました。試合は2ー1で常葉菊川高校に敗れ、ベスト8止まりとなりました。 高3で迎えた夏の甲子園(第90回全国高校野球選手権大会)では全国制覇ができました。僕は初戦と2、3回戦、準々決勝で登板し、決勝戦では外野手として出場していました。 決勝戦の対戦相手は1年前に敗れた常葉菊川でしたが、17ー0で勝ちました。優勝した瞬間は、今でも鮮明に映像として記憶に残っています。その時の気持ちは……、ちょっと言葉では表現できません。

【関連記事】