Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トヨタ、A70型とA80型「スープラ」復刻パーツのオーダー受付開始

配信

Impress Watch

 トヨタ自動車は7月1日、TOYOTA GAZOO Racingの「GRヘリテージパーツプロジェクト」として、A70型とA80型「スープラ」のパーツを復刻した補給部品のオーダー受付を開始した。 【この記事に関する別の画像を見る】  GRヘリテージパーツプロジェクトは、1986年~1993年に販売したA70型スープラ、1993年~2002年に販売したA80型スープラの補給部品を復刻して、国内のほか北米、欧州など海外向けに再販売するプロジェクト。  GRヘリテージパーツ復刻品目として公表されているのは、A70型スープラが「プロペラシャフト」「ドアハンドル」「フューエルセンダーゲージ」「ウェザーストリップ」「フロントエンブレム」。A80型スープラが「ヘッドランプ」「ドアハンドル」「ブレーキブースター」となる。  今回、7月1日よりオーダー受付を開始したのは、A70型スープラの「フューエルセンダーゲージ」と「ドアハンドル」、A80型スープラの「ドアハンドル」。  今後、8月1日よりA80型スープラの「ブレーキブースター」をオーダー受付開始。そのほかのパーツについても2020年冬頃にオーダー受付開始予定(生産上の事情により2021年以降のオーダー受付開始となる可能性あり)。  同プロジェクトは、スープラを愛用するユーザーに、これからも愛車として乗り続けてもらえるよう、すでに廃版となってしまった補給部品を復刻・再生産して、純正部品として再販売する取り組み。復刻部品は通常の純正部品と同様に、トヨタの販売店で購入することができるとしている。  なお、A70型/A80型スープラの復刻部品に関する詳細は、TOYOTA GAZOO RacingのヘリテージパーツWebサイトの情報を確認していただきたい。

Car Watch,編集部:椿山和雄

【関連記事】