Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「藤井棋聖は時限爆弾を解除し続けた…」将棋中継をドラマチックにする「SHOGI AI」の“人間味” 開発責任者が明かす秘話

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 藤井棋聖の大活躍でネットの将棋中継も人気が高まる中、「観る将」の間で注目されているのが、ABEMA将棋チャンネルの「SHOGI AI」だ。対局者のどちらがどれだけ有利かを「勝率」というパーセンテージで示す方式で、わかりやすいと評判の一方、予想外の手が指されると数値が揺れ動き、コメント欄に「AI、迷ってる」「がんばれAI」などと書き込まれることも。だが、こうしたAIらしからぬ動きの裏側に「AIに“人間味”を加える」という開発側の意図が潜んでいるというのはご存じだろうか。 【映像】藤井棋聖で注目 “将棋AI“徹底解剖  他の将棋AIとはひと味もふた味も違う、独自のシステムを作り上げたABEMAの中心人物にインタビュー。「SHOGI AI」があることで中継が大いに盛り上がったという藤井棋聖の熱戦を振り返るとともに、開発までの苦労や思わぬ“事件”など裏側を語ってもらった。

■時限爆弾を解除し続けた藤井棋聖の「AI超え」

 6月8日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われた棋聖戦の第1局は、最終盤までもつれる大熱戦となった。125手目、挑戦者である藤井聡太棋聖が渡辺明二冠(当時は棋聖位含め三冠)の王将に「詰めろ」(次に何もしなければ詰む状態)をかける。渡辺二冠は自陣の防御をあきらめ、藤井陣内に角を打ち込んで王手をかけた。ここから渡辺二冠は16手連続で藤井玉に王手をかけ、藤井棋聖が猛攻をかわし続けるという、観戦者にとっても手に汗握るクライマックスが30分以上にわたって続いたのだった。 「リアルタイムで見ていて鳥肌が立ちましたね…」 今も興奮した面持ちで振り返るのは、「SHOGI AI」の開発を主導した藤崎智(さとし)氏。ABEMAの最高放送技術責任者である。今年1月から本格的に運用が始まった「SHOGI AI」は、この棋聖戦でも大活躍。藤崎氏はAIの「形勢判断」と「候補手」の表示があったからこそ、見ている側があれだけの緊張感を感じられたのだと語る。 「AI表示があるから『え、これはこっちに逃げたら90%マイナスで逆転なんだ!?』というドキドキがあるんですよね。常に爆弾の処理をしているような状態ですから」  「SHOGI AI」は対局中継の画面上部に、その時点でのそれぞれの棋士が勝つ確率を「勝率ウインドウ」で表示する。「50%対50%」なら互角、「先手80%対後手20%」なら先手がかなり優勢…という具合だ。一方、画面右側には次に指す手の「候補手」が、“Best”“2(番目)”など推奨順に最大5手まで表示される。  別々に表される“勝率”と“候補手”だが実際は連動している。ある時点で示されている“勝率”は、実は次に指す側が、AIの示す“最善手”を選ぶという前提での数値なのである。次善手やそれ以下の候補手には右にマイナス〇%という数字が併記されている。つまり“最善手”を指せば今の勝率が維持されるが、それ以外の手を指せば、表示されたマイナス分、勝率が減ってしまう。勝率60%と表示された側がマイナス20%の手を指すと、直後に勝率が40%まで下がってしまう、という理屈だ。  この「最善手以外を指すと勝率が下がる」という「SHOGI AI」の仕組みが、棋聖戦第1局の最終局面を「映画のクライマックスシーン」(藤崎氏)のように盛り上げたのだった。  その場面を振り返ろう。125手目、藤井棋聖が渡辺玉に「詰めろ」をかけた時点で、「SHOGI AI」の勝率ウインドウは82%対18%と、藤井棋聖圧倒的優勢を示していた。続く126手目、渡辺二冠は藤井玉に王手をかけるが、勝率は91対9と差がさらに開いた。ところが、である。  次の藤井棋聖の候補手は4つ。王手をかけている角を取るか、移動できる3か所のいずれかに逃げるか、だ。そして「SHOGI AI」は…角を取る手以外は大逆転と表示した。角から一番遠くに逃げる手がマイナス72%。それ以外の2つはマイナス90%、つまり91対9からいきなり1対99という必敗の状況に陥るのである。  藤井棋聖は当然のように角を取る。この手自体、藤井棋聖には難しくない選択だったかもしれない。だが素人である視聴者は、大逆転の可能性が数値で示されることによって、藤井棋聖が本当に最善手を指してしのぎ切れるのか、というスリルを体感することになる。  ここで渡辺二冠は香車で金を取って成り込み王手。今度の対応は二択だ。取るか逃げるか。AI表示は取る手がマイナス96%。正解は「逃げる」だった。  正確に最善手を指し続ける藤井棋聖。131手目には「勝率」が98%に達した。「間違えなければ藤井棋聖の勝ち」というのがAIの判断である。だが実際の盤面は棋士ですら、本当に詰まないのか読み切れない状況だ。134手目、136手目の王手でも最善手以外はマイナス97%。つまり藤井玉が詰まされてしまうというのだ。

【関連記事】