Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

いわば快適なスーパーバイク、カワサキ2020年型「ニンジャ1000SX」試乗インプレッション

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

スペインのSOLOMOTO誌がレポート

日本でも2020年4月4日に発売されたカワサキのNinja 1000SXだが、スペインからテストレポートが入ってきたのでお届けしたい。大幅な改装でスポーティさを増し、電子制御と快適性の面で多くの新しい機能を取り入れたニンジャの実力とは? テスト担当はソロモト誌の女性ライダー、Judit Florensaだ。 【写真×12枚】カワサキ・ニンジャ1000SXのディテールを見る TEXT:Judit Florensa PHOTO:KAWASAKI

ラフで快適なモデルを求める“R”の世界の住人にとってニンジャ1000SXは完璧な回答

スポーティさと快適性を同時に達成する。離れているはずの2つのコンセプトを信じられないレベルで融合したのがZ1000SX(日本名 ニンジャ1000)だった。そして2020年モデルのプレゼンテーションで示されたスローガンは「両方の世界で最高」であり、それは完璧に成功しているように見える。まるで天使と悪魔を同時に内包しているかのようだ。 2003年登場のZ1000から数えて第4世代となるこのマシンは、Z1000SXからニンジャ1000SX(欧州&日本で共通名を採用)への名前の変更に合わせて、よりレーシングイメージの外観となった。これは、Ninja ZX-10Rなどの“R”の世界に重みを寄せたように見える。成熟したライダーたちは今もスポーツを楽しんでいるが、より快適なものが欲しいと考え、週末のツーリングやバイク旅行にも惹かれている。これを1台で達成する手段はないものか……。 カワサキ ニンジャ1000SX 欧州仕様

両脚の間のスーパーバイク

アップライトなライディングポジションやパニアケースが、ただの見せかけに思えてしまう可能性があることは知っている。なにしろコイツは、1043cc/141ps/11.3kg-mの並列4気筒エンジンを搭載しているからだ。レスポンスはパワフルで、テイスティでもあり、リニアで扱いやすい特性を持っている。ショート気味なギヤ比により、高回転域まで常に使い切ることもできる。 コルドバで行われた国際試乗会では、さまざまな状況でテストできるように、たとえば5速からシフトダウンせずに速度の低いラウンドアバウト(環状交差点)に進入したのだが、まったく問題なく、通常と同じように加速できた。そして交通量が少ない区間でスロットルを引き絞れば、ターボシップが離陸しようとしているかのような加速で、バイクにしっかりとしがみついている必要がある。

【関連記事】