Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ホンダがカスタマイズパーツWebサイトを公開! まずは「ADV150」と「Rebel 250」から

配信

WEBヤングマシン

削り出しパーツからマフラー、フォグランプなど

ホンダのバイクの国内販売を手掛けるホンダモーターサイクルジャパンは、より多くのホンダファンに「バイクのカスタマイズ」を楽しんでもらうために、Honda二輪製品のカスタマイズパーツを紹介するWebサイトを公開した。ホンダHP内で従来から扱っていた純正アクセサリーだけでなく、幅広いラインナップを取り揃えている。 【写真×15枚】ADV150はPCX150と何が違う?

*ワンポイントのアクセサリーだけでなく、カスタマイズスタイルの提案も

ホンダモーターサイクルジャパンが公開した二輪カスタマイズWebサイトは、ホンダのバイクに乗るライダーにカスタマイズの世界を楽しんでもらいたい! という思いから立ち上がったもの。最初の公開機種はAVD150およびレブル250の2台のみだが、これから順次、公開機種や掲載アイテムを拡充していくのこと。 カスタマイズは、ちょっとしたワンポイントでも自分好みのバイクに変えていけるのが魅力。シーズンインを果たしている方も、もう少し自粛を続ける方も、カスタム例を参考にしながら数々のパーツを眺めてみてもらいたい。上記2機種のオーナーでなくても、カスタムプランの参考にすることはできそうだ。

カスタマイズの参考例×5点……ADV150&Rebel 250

SP武川のテーパーコーンマフラーやクッションシートカバー(ダイヤモンドステッチ)を装着。

こちらはキタコのサイレンサーヒートガードやタンデムバックレストを装着した例。

モリワキZEROフルエキゾースト、プロトBIKERSアジャスタブルレバーなどを装着。

モリワキのシートカバー、NEO CLASSICスリップオンマフラーなどを装着した「ストリートスタイル」。

こちらは「ツーリングスタイル」で、デイトナのリバーシブルバックレストやサドルバッグなどを装着している。

【関連記事】