Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「急行電車の混雑」「エスカレーター歩行」はなぜ生まれるか リニアの必要性と“移動”の意味

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ITmedia ビジネスオンライン

 ずっと心の奥に引っ掛かっている数々の疑問が、あるときスッと一つの解に集約され、その結論が新たな問題解決の道筋になる。そんな経験はあるだろうか。例えば「歩きスマホ」「エスカレーター歩行」「急行電車の混雑」「コンビニはしご酒」「カーオーディオ」、そして「リニア中央新幹線の必要性」。これらが全て「同じ理由」につながるとしたら、新しい答えが見えるかもしれない。 【新聞や雑誌を読めるかが基準とされる「混雑率の目安」のイラスト】

地下鉄を走る急行の意味

 「なんで地下鉄に急行があるんだろう」  ある老舗ゲームメーカーの社長がSNSに投稿した。私が会社員時代にお世話になり、今も親しくさせていただいている。何しろ数年前の投稿で記憶が曖昧だけど、コメント欄に「所要時間は数分も変わらないのに」「目の前で通過されると残念な気持ちに」という声が寄せられていたと思う。これが今まで、心の奥に引っ掛かっていた。  彼の言う地下鉄は都営地下鉄新宿線だ。当時のダイヤは覚えていないけれど、現在は日中の午前10時台から午後4時台まで、20分おきに急行が走る。停車駅は新宿・市ヶ谷・神保町・馬喰横山・森下・大島・船堀・本八幡。これ以外の13駅を通過する。岩本町・大島・瑞江では急行が各駅停車を追い越すダイヤが組まれている。全区間の所要時間は約29分。各駅停車は約40分だから11分も早く着く。なかなかの俊足だ。  しかし、全区間乗り通す人は少ないかもしれない。ほとんどの人は所要時間の差が10分以内だろう。両端の駅から中心あたりの駅まで時間差は数分だ。ちなみに社長の最寄り駅の曙橋は通過する。だから先の発言になった。ラッシュ時間帯でもないのに、数分早く着くだけの急行に意味があるか。そんなの走らせるくらいなら停車して乗せてくれ……うなずける。  「その意味はですね……」とコメントしようとして、手が止まった。都心と郊外を結ぶ大手私鉄も急行電車を走らせている。そこにはちゃんと意味がある。それを以下のように説明しようと思った。しかし、地下鉄の急行運転には当てはまらない。  例えば東急田園都市線の場合、中央林間から渋谷への所要時間は各駅停車が66分、急行が46分で20分も差がある。これは確かに急行を選びたくなる。しかし、同じ列車で比較して、途中のたまプラーザ駅からの所要時間は各駅停車が34分、急行が28分。その差は6分だ。朝の5分は貴重、というけれど、我慢できない時間ではないと思う。それでも急行を選ぶ人が多いから混雑する。  乗客が急行に偏るから乗降に時間がかかり、停車時間が延びて列車が遅れるという、本末転倒な状況になった。そこで東急は2007年から朝の混雑時間帯の急行をやめて、二子玉川~渋谷間を各駅に停まる準急に格下げした。これは当時、大きな話題になった。  都心と郊外を結ぶ大手私鉄が急行を走らせる理由は、顧客に早く行く選択肢を提供するだけではない。大手私鉄のほとんどは沿線で不動産事業を展開しているから「都心まで○分」というメリットを出したい。実際には通勤時間帯に急行がなくても、日中の急行の所要時間をアピールする。誇大広告のようなカラクリだけど、ウソではない。通勤時間で家を選ぶときはご留意願いたい。  しかし、都心を走る地下鉄で、所要時間の短さはメリットだろうか。都営地下鉄は不動産業に関わっていない。全て各駅停車にして、乗車機会を増やした方がいいかもしれない。どうやら直通先の私鉄の要請にお付き合いしているだけと言えそうだ。大手私鉄間の都心への所要時間差の競争は、沿線の不動産部門の競争に直結している。地下鉄にとって、乗り入れ先の私鉄の人気は、そのまま集客に影響する。  それにしても、なぜ人々は数分の所要時間短縮を望み、混雑する急行を選ぶのか。

【関連記事】