Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

私が愛した名クオーターバック──トム・ブレイディの栄光に乾杯

配信

ニューズウィーク日本版

<NFL最強のペイトリオッツを率いたトム・ブレイディが他チームへ移籍、記憶に刻まれた素晴らしき瞬間を振り返る>

ついにやって来た。ニューイングランド・ペイトリオッツに入団して20年。NFL(全米プロフットボールリーグ)の優勝決定戦スーパーボウルに9回出場し、個人として最多の通算6度の優勝を果たしたクオーターバック(QB)、トム・ブレイディが移籍する日が。移籍先はタンパベイ・バッカニアーズだ。 【動画】目の覚めるトム・ブレイディの好プレー集 ペイトリオッツの地元ボストンでは嘆きの声が上がったが、もういい頃合いだ。一ファンとして言わせてもらえば、昨シーズンのブレイディはそれまでと違った。昨年のスーパーボウルの後、栄光の中で引退すべきだったと、ボストン・グローブ紙のスポーツ担当コラムニストのダン・ショーネシーは発言したが、その意見には激しく同意する。 だが本人は引退を選択しなかった。ならば、幸運を祈ろう。そして、たくさんの思い出をありがとう。チームの司令塔としてブレイディが輝いていた瞬間を(あまりに多過ぎる! とペイトリオッツのアンチは言うだろうが)思いつくままに振り返ってみよう。 <黄金時代の幕開けの日> まずは、セントルイス・ラムズ(現ロサンゼルス・ラムズ)と対戦した2001年シーズンのスーパーボウル。残り時間1分21秒でスコアは同点、ペイトリオッツは自陣17ヤードラインでボールを保持しており、タイムアウトは残っていなかった。 伝説的な元NFLコーチのジョン・マッデンは「時計を進めるしかない......オーバータイム(延長戦)を狙うべきだ」と試合中継で解説した。未熟なブレイディが、華麗な攻撃で知られたラムズ相手にドライブをかけるのは無理だと言いたかったのだろう。 だがブレイディは短いパスを繰り返し、ラムズの30ヤードラインにボールをスパイク。アダム・ビナティエリが48ヤード地点からフィールドゴールを決めた。この瞬間、ブレイディ率いるペイトリオッツの黄金時代が幕を開けた。 アトランタ・ファルコンズと対戦した2016年シーズンのスーパーボウルでは、友人2人が電話をかけてきて私をからかったほど、ペイトリオッツは低調だった。第3クオーターで28対3と大きくリードされたが、ペイトリオッツはスーパーボウル史上最高の大逆転をやってのけた。 勝利を決めたタッチダウンを除けば、記憶に残るのはスコアが28対12だった第4クオーターでの場面だ。 タックルを受けたファルコンズのQBマット・ライアンがボールをファンブル。敵陣25ヤード地点でペイトリオッツの選手がフリーボールを拾う。ブレイディはといえば、スタジアムの超大型スクリーンを見上げ、見開いた目で一連のプレーを追っていた。ファルコンズと私の友人らにとって残念なことに、彼はチャンスを見逃さなかった。

【関連記事】