Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

不運に見舞われた少女へ、ズベレフが心温まる対応【2019年ローマ名場面】

配信

THE TENNIS DAILY

本来なら「ATP1000 ローマ」が行われている予定だったこの時期。今年は新型コロナウイルスの影響のため行われていないが、Tennis TVがInstagramで2019年大会の名場面を振り返っている。 【実際の動画】ズベレフが咄嗟にとった行動 それは男子ダブルスのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)/ミーシャ・ズベレフ(ドイツ)対レイブン・クラーセン(南アフリカ)/マイケル・ビーナス(ニュージーランド)でのこと。 第1セット第7ゲームでアレクサンダー・ズベレフが放ったスマッシュ気味の打球は、大きくバウンドしフェンスを乗り越えて観客席へ。不運にも観戦していた少女に直撃してしまった。 ズベレフは「しまった」という表情を見せるも、ゲームの途中のため、試合を続けるほかなかった。 だがその第7ゲーム終了後のコートチェンジの際に、ズベレフは観客席の少女の元へ向かった。そしてボールが直撃したであろう額をさすり、赤のヘッドバンドを巻いてあげてプレゼント。この少女へのフォローに、観客からは歓声と拍手が沸き起こった。 ATP(男子プロテニス協会)によると、当時ズベレフは「意図的ではないがオーバーヘッドの打球を彼女にぶつけてしまった」「彼女は少し悲しそうに、泣いているように見えた。だから小さなプレゼントをすることが正しいことだと思ったんだ。彼女を元気づけることができるし、彼女にとって良い日になることを願って」と語っていた。 (テニスデイリー編集部) ※写真は2019年「ATP1000 ローマ」でのズベレフ (Photo by Giuseppe Maffia/NurPhoto via Getty Images)

(c)テニスデイリー

【関連記事】