Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【静岡県記者会見】新型コロナ 富士の飲食店クラスター関連8人に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テレビ静岡NEWS

静岡県は9日午後4時半から記者会見し、新型コロナウイルスの新たな感染者5人について詳細を説明しました。 県によりますと、5人のうち2人は富士市の飲食店で発生したクラスター関連で、1人はその感染者からの感染が疑われています。 この3人はいずれも富士市在住で、高齢でない成人が2人、50代が1人で、いずれも性別および職業は公表を望まないとしています。 このうち高齢でない成人2人は8月27日にクラスター関連として5日発表された富士宮市の高齢でない成人(県497例目)と接触があり、その濃厚接触者として7日PCR検査を受け、8日陽性が判明しました。 1人は1日に37度台の発熱などの症状がでていますが、1人は症状はないということです。 また、50代の感染者は8月20日にクラスター関連とされる感染者2人と接触していて、7日にPCR検査を受け8日陽性が判明しました。 この人は24日に鼻閉や咽頭痛の症状がでていて、県はクラスター関連とされる感染者からの感染の可能性もあるとみて調べています。 県はこの富士市内のスナックで発生したクラスターについて9日続報を公表しましたが、それによりますと、29人の関係者のPCR検査を実施して7人の陽性が判明、この7人の濃厚接触者については、これまでに1人が陽性と判明していて、2次感染を含む感染者は8人としています。 次に、4人目は駿東郡小山町の高齢ではない成人で、性別、職業は公表を望まないとしています。 9月4日に38度の発熱、倦怠感などの症状があり、市販薬を服用したり医療機関を受診していましたが、症状が持続するため7日PCR検査を受け、8日に陽性が判明しました。 この人は8月31日から9月5日まで県外で勤務していたということで、感染経路や濃厚接触者について調査しています。 5人目は駿東郡清水町の20代男性です。 この男性は症状はなかたものの、会社の同僚で体調不良者が複数いたため、PCR検査を実施したところ8日陽性が判明しました。 検査の前14日間は県外への移動はなく、出勤は自家用車で人と接する際にはマスクをしていたということで、県は感染経路は不明としています。 また、同居家族と会社の同僚を濃厚接触者としてPCR検査を実施する予定です。

テレビ静岡

【関連記事】