Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大量8人! 今季途中に一軍デビューした広島の若鯉たちの現在地は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

2年前のドラフト1位も待望のデビュー

 今季は期待を裏切る形になり、優勝争いに参入することなく下位に沈んでしまった広島。だが、その代わりに、と言っては何だが、ファームで実績を残した若い選手たちが次々と「一軍デビュー」を飾った。開幕一軍に入ったドラフト1位の森下暢仁は別格として、このシーズン中に初めて一軍の舞台に立った選手は何と早くも8人。今後の展望なども含めて、順に紹介していこう(成績は10月9日現在)。  8人中、投手は1人だけで、育成契約から9月26日に支配下選手登録を勝ち取り、10月8日の阪神戦(マツダ広島)で早速一軍デビューを飾った藤井黎來だ。初登板では結構緊張があったようにも見受けられたが、先頭の梅野にヒットを許すも、そこから3人を打ち取り、1回無失点と上々のデビューだった。ストレートとフォーク系を中心に20球。この日は最速146キロだったが、ストレートの威力はありそう。翌9日も1イニングを2三振で三者凡退に抑えており、経験を積んでいけばショートリリーフから道が開けるかもしれない。  捕手では2年前のドラフト1位、中村奨成が待望のデビューを果たした。代打で4打席立って、残念ながらヒットは出ず。また、今回は打撃好調を買われての一軍経験ということだったのかもしれないが、マスクをかぶる機会も一度もなかった。捕手の場合はなかなか一軍でキャリアの少ない選手にゲーム終盤のマスクを任せるのが難しいところもあるが、見てみたかった気もする。いずれにしても、今回の経験を生かして、再度一軍にチャレンジする機会を目指してもらいたいもの。  内野手では、8月7日、阪神戦(マツダ広島)で、セーフティースクイズでプロ初安打、さらには適時三塁打、守っても美技のデビューを飾った羽月隆太郎が何と言っても鮮烈だった。子どものころからのカープファンとあって、「試合前から試合後、そして今と、自分がマツダスタジアムで試合して、ここに立っていることが信じられなくて……」と語ったお立ち台も印象的。打率が.200まで下がったところでファームに戻っただけに、コンスタントに打力を発揮できるようになることが今後の課題か。チームに元気を与えるキャラクターだけに、これまた一軍で見たい素材だ。  内野手ではほかに桑原樹が3打席立ったが初ヒットならず。さらに現在は、ファームで将来の四番に育てるべく英才教育を受けてきた林晃汰が一軍にチャレンジ中だ。自分の持ち味を出そうとフルスイングを貫くも、やはり相手が一軍だと落ちる球に崩されるケースが多く7打席目までは5三振。それでも8打席目でついに右翼線二塁打と、長打でプロ初安打をマークした。これで気持ちにゆとりができれば、いい変化が見られる可能性もあり、楽しみ。

【関連記事】