Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<小野憲史のゲーム時評>「あつ森」ヒットで好調の任天堂 求められる次世代タイトル

配信

MANTANWEB

 超硬派のゲーム雑誌「ゲーム批評」の元編集長で、ゲーム開発・産業を支援するNPO法人「国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)」元代表の小野憲史さんが、ゲーム業界の現在を語る「小野憲史のゲーム時評」。今回は、「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」の大ヒットで好調な任天堂の課題について分析します。 【写真特集】キュートすぎるマリオ女子のコスプレ

 ◇

 コロナ禍による全世界的な「巣ごもり」需要を受けて、ゲーム業界の業績が好調だ。任天堂は好例で、連結業績の売上高が1兆2005億円から1兆3085億円と9%上昇。純利益が1940億円から2586億円と33.3%上昇で、ともに前年度を上回る増収増益を達成した。

 中でも象徴的なのが、ニンテンドースイッチ向けのゲーム「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」で、発売から6週間で全世界1341万本の爆発的な売り上げを示した。前作・前々作とも1000万本以上を売り上げた定番シリーズだが、発売から6週時点での売り上げは総売り上げの3~4分の1程度に留まっていた。これだけの売り上げが1カ月半で達成されたことは、快挙だと言えるだろう。

 元々「どうぶつの森」シリーズは、村の動物たちとスローライフを楽しむ内容で、2001年にNINTENDO64でオリジナル版が発売された時は、主流派のソフトではなかった。何かを攻撃したり、破壊したりといったゲームが人気を集める中で、内容が異質すぎたのだ。

 それがシリーズを重ねることで着々と支持を高めて、今回の快挙につながった。コロナ禍という特殊事情もあるが、それだけでは説明がつかない。異質なゲームを定番ソフトに育て上げた、任天堂のプロデュース力あってのことだろう。

 このように、ゲーム業界ではこれまでも非主流派の中からヒットの芽が生まれ、爆発的な成功につながる歴史を繰り返してきた。全世界で1億7600万本を売り上げたとされる「マインクラフト」は好例だ。日本では小学生に圧倒的な人気を誇る対戦シューティング「フォートナイト」も同様で、いずれも関係者の期待を大きく上回ったタイトルだ。

【関連記事】