Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

悪夢のPLデビュー…チアゴ・シウバを擁護するランパード「ミスはあったが心配はしていない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
GOAL

チェルシーのフランク・ランパード監督は、チアゴ・シウバを擁護した。 26日に行われたプレミアリーグ第3節で、チェルシーは敵地でウェスト・ブロムウィッチと対戦。新加入のシウバがこの試合でリーグ戦デビューを飾ったが、同選手のミスなどもあり、27分までに3点のリードを許す展開に。それでも、後半にメイソン・マウント、カラム・ハドソン=オドイ、タミー・エイブラハムにゴールが生まれて、3-3のドローで終わった。 歴代最高の“ゼロ円”移籍は?フリートランスファーで最高のプレーを見せた選手たち 2失点目の際には、自陣でのパス交換の際にコントロールしたところをカラム・ロビンソンに奪われ、そのまま独走を許したシウバ。悪夢のようなプレミアリーグデビュー戦となったが、ランパード監督はイギリス『BBC』でブラジル代表DFへの信頼とともに、今後の改善を期待した。 「チアゴ・シウバは我々にとってファンタスティックな選手になるはずだ。キャリアを通して素晴らしい活躍を見せてきた。心配はしていない。ミスがあったことは明らかで、私はこのことを隠すつもりはない。それでも、チームは後半にリアクションを見せることができた。チアゴに関して言うことは何もない。彼は自ら立ち上がり、あれがミスだったと認めるだろう」 「しかし、あの場面を除けば、ほとんどミスのない試合を彼は見せたと思う。これが彼にとって最初のプレミアリーグの試合で、私は信頼している。彼からさらに多くのことを期待しているし、チームとともにさらに良くなっていくはずだ」 また、同指揮官は開幕3試合で6失点を喫した守備陣についても口を開いた。 「3つの守備的なミスがあって3失点した。彼らにとって3つの枠内シュートがすべてゴールにつながった。そうなってしまえば試合はとても難しくなる。我々の試合には危機感が欠けている。もっと速くボールを動かすことができるが、前半はかなり遅かった。そして、速く動かせるようになったとき、さらに危険なチームになれた」 「しかし、3つのミスを犯して、自分たちに上るべき山を作り、そして最後には結果に満足できたなんて言えば私は愚か者だ」

【関連記事】

最終更新:
GOAL