Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

半袖シャツがダサい人に知ってほしい着こなし

配信

東洋経済オンライン

 7月に入って一段と暑さが増してきました。新型コロナウイルスの影響を受けて在宅勤務(リモートワーク)を主体にしている人もいると思いますが、オフィスに出勤するようになったビジネスパーソンも多いでしょう。 【ランキング】コロナで「売れた」「売れなくなった」商品TOP30  この季節は「クールビズ」が推奨され、ノーネクタイのほか半袖のワイシャツを着るケースが出てきます。一方で、半袖のワイシャツは「選び方」「着こなし」を間違えると途端にダサく見えます。ファッション意識が高いビジネスマンの中には「半袖のワイシャツは邪道だ!」と考える人もいるほどです。

 その背景には、ヨーロッパで「シャツは下着というスタンスから、ワイシャツ1枚の着こなしをあまり見かけない」という逸話が関係しています。ワイシャツを1枚で着る文化がさほど浸透していないため、日本に比べると半袖が普及していません。この情報を鵜呑みにし「半袖シャツは邪道だから、夏でも長袖を着る!」と考える人が一定数います。はたして高温多湿の日本においても、長袖シャツは本当に有効なのでしょうか。  半袖・長袖の賛否については分かれるところですが、機能的視点から半袖シャツという選択肢は欠かせません。ノージャケット姿でも好印象になる「半袖シャツの視点」について、延べ4600人のビジネスマンの買い物に同行してきた服のコンサルタントがお伝えします。

■「半袖or長袖」論争に終止符を打つ  結論から言えば、日本のクールビズは半袖シャツに軍配が上がります。言い換えると「サマージャケットの有無でシャツ袖が変わる!」、これが正解です。来客時にサマージャケットを羽織るならば、ジャケットの袖裏に皮脂が付くことを防ぐため長袖を選びます。一方、ノージャケットならば、長袖は避けたいところです。  取引先との打ち合わせにおいて、たくし上げたシャツ袖はだらしなく見えます。とはいえ、半袖シャツを着た群衆の中では、長袖は暑苦しいのです。しかも、たくし上げた袖を元に戻したとき、腕に入ったシワが悪目立ちします。

【関連記事】